So-net無料ブログ作成

ブラタモリトレース神宮外苑・聖徳記念絵画館編(その2) [散歩会]

ブラタモリトレース・神宮外苑・聖徳(せいとく)記念絵画館編の続きです。
ここで、遅くなりましたが、今回のブラタモリトレース(きたろう散歩会)を行なった所の地図を示します。


#10A、ブラタモリトレース・外苑前半の地図
#10Aブラタモリトレース1(外苑=信濃町→絵画館→新国立競技場→水明亭)).png
立ち寄り箇所①聖徳記念絵画館→同②新国立競技場→同③水明亭(長崎チャンポンの店)
※今回のブラタモリトレースで巡ったスポットの順序と「ブラタモリ・外苑」の番組で巡った順序とは異なります。

#10B、聖徳(せいとく)記念絵画館・副館長がお出迎え
#10聖徳記念絵画館.jpg
副館長(高橋京子さん):「(この建物は)重厚な建物なので、皆さん、この大きい階段を登るのに躊躇されることが多分あると思います。皆様はどうですか?」
タモリ:「立ち入り禁止だと思っていました。」
※ブラタモリの画面はVHS方式で録画したものからの写真なので、画質は悪いです

#11、タモリさん一行、絵画館へ入館
#11聖徳記念絵画館.jpg
副館長:「どうぞ、今日は寒いので(注)・・・」
久保田アナ:「失礼しま~す」
タモリ:「重厚ですね!」

注)この番組の放送日は平成24年3月29日ですが、番組のロケは2月14日または2月16日と思われます(推定根拠は、鳩森八幡宮の編で説明します)。 この日は、両日とも、寒い日(それぞれ最高気温が6.9℃、5.6℃)冷たい雨が降った日でした。


#12、タモリさん一行、中央ホールを鑑賞する!
#12ブラタモリトレース絵画館編.jpg
副館長:「ここは、本当にすばらしいでしょ(*^_^*)」
タモリ:「すごいね!」
副館長:「皆様お立ちになっているところから、上までは、約28mあります。」
タモリと久保田アナ(同時に):「へ~~!!」

#13、中央ホール・音の反響
#13ブラタモリトレース絵画館編.jpg
久保田アナ:「声がよく響きますよね!」
副館長:「小さい声でそおっと話さないと、『ワワワワ~』っと響きます。」

#14、中央ホールのブラタモリトレース(=きたろうの実写)
#14ブラタモリトレース絵画館編..jpg
ナレーター:「昨年(2011年4月)重要文化財に指定されたこの建物、当時最先端の技術とデザインで造られています。様々な色の大理石で造られた中央ホールは19世紀末、ウイーンで始まった『セセション様式』を取り入れたもので、直線が多いのが特徴です。
 ステンドグラスから入ってくる柔らかな光も当時としては斬新なものでした。」

#15・16、タモリさんの興味は、絵画より化石?
#15ブラタモリトレース絵画館編.jpg
#16ブラタモリトレース絵画館編.jpg
タモリ:(壁面の説明表示を見て)「オッ!」
久保田アナ:(同上表示を見て)「マーチソニア?」
タモリ:「マーチソニア。アッ!、これね!」

#17、絵画館の壁面にある、「マーチソニア」の化石
#17ブラタモリトレース絵画館編.jpg
ナレーター:「タモリさん、この大理石の壁に何やら発見したのは化石です。実は、絵画館の壁では様々な化石を発見することが出来るのです。 化石の入った黒い大理石は、美濃・赤坂産の大理石に見つかることが多いそうです」

#18・19、(引き続き)タモリさん化石探索
#18ブラタモリトレース絵画館編.jpg
#19ブラタモリトレース絵画館編.jpg
タモリ:「ありそうだな・・・」、「ん!これ、そうでしょう!」
副館長:「これ、そうですね」
久保田アナ:「点々が・・・」

#20・21、壁面の化石(フズリナ)
#20ブラタモリトレース絵画館編.jpg
#21ブラタモリトレース絵画館編.jpg
ナレーター:「発見したのは、フズリナという生物の化石でした」

#22、きたろう一行「壁面の化石のブラタモリトレース」
#22ブラタモリトレース絵画館編.jpg
きたろうのコメント:番組でタモリさんが発見した壁面の化石を見ようと、当該の階段の所に胸躍らせながら行きました。
すると「残念!」ご覧のとおり、「立ち入り禁止」となっていて、化石を確認することは出来ませんでした(反対側の階段も同様)。
壁面・化石のブラタモリトレースは空振りでした。

#23、タモリさん一行、絵画展示室(日本画)へ入る
#23ブラタモリトレース絵画館編.jpg
ナレーター:「さて、建物の本題に戻りましょう。ここには、明治天皇の生涯と業績画いた日本画と洋画、計80点が飾られています。
これらを展示するために造られたのが絵画館なんです。」

#24、「大政奉還」を画いた絵の前で
#24ブラタモリトレース絵画館編.jpg
副館長:「これ、よく教科書に大政奉還というとこの絵が出てきます。 思い出すでしょ?」
タモリ:「大政奉還というとこれですね。想いだします。」
久保田アナ:「教科書で見ました・・・」

#25、「大政奉還」の絵
#25ブラタモリトレース絵画館編.jpg
ナレーター:教科書でお馴染みの「大政奉還」の図。
二条城で第十五代将軍・徳川慶喜が京都にいた重臣を招集し、政権を朝廷に返すことを決定した状況が細かく画かれています。

きたろうコメント:徳川代々の将軍の中で、最も人気の無い・・・というより、腰抜けとか、裏切り者といった批判もある慶喜ですが、大政奉還の図に画かれた慶喜は凛とした気品のある顔立ちで、立派な方と思えました。慶喜に対する批判は見当違いではないのかな?と認識を改めさせられるような絵でした。

絵画館のメインの部分である、絵の展示室内は当然撮影禁止ですので、ブラタモリトレース(きたろうの実写)はありません。

この後、約1時間、絵の鑑賞をして、絵画館から退出しました。

#26、絵画館から退出(きたろう実写)
#26ブラタモリトレース絵画館編.jpg
ブラタモリトレース・絵画館編はこれでENDです。
次は、(新)国立競技場、水明亭です。
(続く)



nice!(35)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ブラタモリトレース神宮外苑・聖徳記念絵画館編(その1) [散歩会]

きたろうが、幹事を努めている散歩会で、NHKの番組「ブラタモリ」でタモリさん一行が歩いた跡をそのままトレースするという安易な企画の散歩会を実施しました。(平成30年2月11日)
 今回は、平成24年(2012)3月29日放送の「ブラタモリ・神宮外苑」を採り上げ、その足跡を辿りました。

#01、青山通りにある、「明治神宮外苑」の看板
#01ブラタモリトレース絵画館編01.jpg
この看板の先が、明治神宮外苑になります。(写真=番組より)

#02、タモリさんと久保田アナが外苑にやってきました
#02ブラタモリトレース絵画館編02.jpg
タモリ:「『ブラタモリ』久しぶりの雨になりました。(今回は)外苑に行きます。
そういえば、昔、『♪雨の外苑~~~』という歌(※)がはやりました・・・」
久保田アナ:「じゃ(今日は)、ぴったりじゃないですか」
(※:『東京の灯よいつまでも』(昭和39年)新川二郎

#03、明治神宮外苑全景
#03ブラタモリトレース絵画館編03.jpg
※画像は番組より。明治神宮等の文字は、その画像にきたろうがレタッチで書き込。

今回、タモリさん一行は、聖徳記念絵画館、国立競技場等をぶらぶらしました。

#04、神宮外苑誕生のヒミツ!
#04ブラタモリトレース絵画館編04.jpg
ナレーター(戸田恵子):明治神宮が作られるときに、一緒に、美術館や運動場も作って欲しいという要望が多数持ち上がり、明治神宮から、一寸離れた、青山練兵場跡に、明治神宮外苑として造られることになりました。

神社の一部でもあるのにもかかわらず、野球場や相撲場、競技場やプールが造られました。

大正時代に、日本でここにしかない神社施設が出来上がりました。

※番組では、この後、絵画館前の、イチョウ並木のところへ行き。解説者の方の説明を受けましたが、本ブログでは割愛致します。

#05、「驚きの歴史!絵画館」
#05ブラタモリトレース絵画館編05.jpg
タモリ:「さ~、いよいよ絵画館に入りましょう・・・」
久保田アナ:「ここは、よく通るのですが、実は一度も入ったことはありません。」
タモリ:「ここは、意外と皆さん入らないのですよ・・・」

#06、聖徳記念絵画館
#06ブラタモリトレース絵画館編06.jpg
ナレーター:「絵画館、正式には、『聖徳(せいとく)記念絵画館』。国会議事堂にも間違えられる程の重厚な外観。確かに一寸入りにくいかも・・・建物の前には、幅60mの池があります。」

#07、驚きの歴史!絵画館・・・前の池がプールとして使われた
#07ブラタモリトレース絵画館編07.jpg
解説者(※):「戦後、ここがプールになっていたことがありまして。ここに写真があります。」
タモリ:「泳いでいるよ、子供たち!」
解説者:「あふれかえっています」
ナレーター:「この池は、昭和34年から、3年間子供達に開放されました。カッパ天国と名づけられ、3年間で50万人が利用したという、超人気の施設でした。入場料は10円でした。」
タモリ:(写真を見て)「ちょっと、これは如何なものか・・・」
※解説者:國學院大学 藤田大誠(ひろまさ)准教授(現教授)

#08、タモリさん一行は、絵画館へ入場
#08ブラタモリトレース絵画館編08.jpg
ナレーター:「外側は、すべて御影石。重厚な階段を登っていきます。

#09、同上場所(散歩会での実写)
#09ブラタモリトレース絵画館編09.jpg

※撮影時刻11時08分、気温12度(推定)、無風
  絶好の散歩日和でした。
(続く)
nice!(16)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ダイヤモンド富士・2018年2月6日(火)、北越紀州製紙関東工場(市川市)から撮影 [ダイヤモンド富士]

久しぶりにダイヤモンド富士の撮影に出かけました。情報により、本日(2月6日)は、北越紀州製紙関東工場(市川市)近くの江戸川堤防から狙いました。

#00、ダイヤモンド富士・2018年2月6日17時02分・市川市大洲3-15-18先・江戸川堤防上から
#00ダイヤ北越裏180206_170200_2CASIO.jpg


#01、撮影ポイント
#01ダイヤ北越裏180206_165255_LUMIX.jpg
左手江戸川、右手北越紀州製紙関東工場。
市川市大洲3-15-18先・江戸川堤防上にカメラを設置しました。

#02、撮影ポイント(地図)
#02ダイヤ撮影場所北越製紙側からJPEG.jpg
北越紀州製紙関東工場、南東約100mのところから撮影しました。

#03、撮影方向
#03ダイヤ北越裏180206_165307_LUMIX.jpg
江戸川堤防から、西南西・東京都江戸川区の先に富士山は眺望出来ます。
富士山(太陽)方向の右の塔は、東京スカイツリーです。
気温は7~8℃(推定)、風はほとんど感じられません。

#04撮影ポイント目印
#04ダイヤ北越裏180206_165214_0C.jpg

撮影ポイントを記録しやすいように、「海から11.5km」という標識があるところを選びました。

#05ダイヤモンド富士のプレリュード、ダイヤモンド富士開始の11分前、(=16時50分)
#05ダイヤ北越裏180206_165039_LUMIX.jpg


#06ダイヤモンド富士のプレリュード、ダイヤモンド富士開始の6分前、(=16時55分)
#06ダイヤ北越裏180206_165500_CASIO.jpg


#07ダイヤモンド富士のプレリュード、ダイヤモンド富士開始の2分前、(=16時59分)
#07ダイヤ北越裏180206_165900_CASIO.jpg


#08ダイヤモンド富士開始、(=17時01分)
#08ダイヤ北越裏180206_170100_CASIO.jpg
太陽は富士山の左肩に没っしはじめたようです。

#09ダイヤモンド富士17時02分
#09ダイヤ北越裏180206_170200_1CASIO.jpg
太陽は、3~4割程、富士山山頂に沈みました。
富士山頂のほぼど真ん中に沈んみつつあります。

#10ダイヤモンド富士17時02分
#10ダイヤ北越裏180206_170200_2CASIO.jpg
5割ほど沈みました。太陽は、まさにダイヤの輝きを発しています。

#11ダイヤモンド富士17時03分
#11ダイヤ北越裏180206_170300_0CASIO.jpg
太陽は、6~7割沈みました。地上は、暗くなってきました。

#12ダイヤモンド富士17時03分
#12ダイヤ北越裏180206_170300_2CASIO.jpg
ダイヤモンド富士の終了です。
今日は、富士山の上方に雲があり、撮影が危ぶまれましたが、無事撮影出来ました。

#13ダイヤモンド富士終了2分後(=17時05分)
#13ダイヤ北越裏180206_170500_1CASIO.jpg
富士山の陰(西)に太陽が回りこみ、影富士がうっすらと見えて来ました。
本日は、天気にめぐまれ、最高のダイヤモンド富士が撮影出来ました。
但し、カメラの性能、または、きたろうの技術が未熟なせいか、ハレーションが強く出て写真の仕上がりは今一でした。
END
nice!(14)  コメント(1) 
共通テーマ:趣味・カルチャー