So-net無料ブログ作成
検索選択
エンターテーメント ブログトップ

さだまさしミュージアム見学記Ⅲ(さだまさしさん市川のゆかりの場所の探訪) [エンターテーメント]

さだまさしミュージアムへの入場者には、#01の「さだまさしゆかりの市川マップ」が配布されます(芳澤ガーデンギャラリー&木内ギャラリーで)。

#01、「さだまさしゆかりの市川マップ」
#01さだまさしゆかりの市川マップ.jpg

前回の小郷畳店探訪に引き続き、さださんの市川ゆかりの場所を訪問しようと思いました。
 この絵地図では、表示されている道路は大雑把で、この絵だけでは、正確な場所は分からないので、まずネットで調べました。
ゆかりの場所として、示されている場所のうち平川荘、寺川邸、新田の家、スナックPAM、居酒屋おざわ、亀田屋質店、石乃湯について調べました。
寺川邸、新田の家、スナックPAM、居酒屋おざわについてはなんの手掛かりも得られませんでした。
 亀田屋質店と石乃湯は正確な住所までわかりました。平川荘は、現在は取り壊されて無いとのことでしたが、国分2丁目○○番であることがわかりました。

#02、さだまさし市川ゆかりの場所・探訪場所の選定
#02さだまさし縁の市川マッフ3.jpg

情報が得られたこの3箇所を探訪し、生写真を撮影しようと機会を伺っていましたが、用事があったり、雨だったりで、なかなか実現出来ませんでした。
7月8日完全OFFで朝雨が降っていなかったので、取材に出かけました。

#03、亀田屋質店・全景
#03亀田屋質店全景.jpg

自転車で家を出たとたんに、雨が降って来ました。結構本格的な降りにになって来ました。

#04、亀田屋質店入口
#04亀田屋質店入口.jpg
亀田屋質店、この日は定休日でした。

さださんは、高校3年で、ヴァイオリンの道を断念し、音大ではなく一般の大学へ進学しました。ヴァイオリンを断念したことで、親からの仕送りを断ったのは良いが、全く金がなくなり、食いつなぐため、泣く泣くヴァイオリンを質に入れた。その質店が、亀田屋質店です。

※亀田屋質店住所:市川市真間3丁目10-5

次に、石乃湯ですが、ここは飛ばし、先に平川荘(跡)を訪れることにしました。

#05、平川荘(跡地)へのバス通りからの曲がり角
#05平川荘へのバス通りからの曲がり角.jpg
調べた住所と、配布された地図から、平川荘(跡地)へのバス通りからの曲がり角を推定しました。

#06、この坂を上がった所が平川荘(跡地)らしい
#06この坂を上がった所が平川荘(跡地).jpg


#07、平川荘(跡地)
#07平川荘跡地.jpg
平川荘(跡地)の住所と、配布されたマップのイラストからみて、ここが平川荘(跡地)ときたろうは推定しました。

さださんにとって平川荘は、さださんがほぼ大学時代を過ごしたアパートで、赤貧のアルバイト生活からグレープとしてデビューした時、精霊流しがヒットした時を過ごした、特に感慨深いアパートだそうです。

※平川荘(跡地)住所:市川市国分2丁目○○(現在は個人宅なので詳しい住所は伏せます)

#08、平川荘(跡地)から東方の眺望
#08平川荘跡地から東方の眺望.jpg
#07の写真の右の坂を上った所から、振り返って東方を撮影したものです。
この写真を撮影しているとき、ひとりのご婦人が通りかかり、きたろうを訝しげに見ていました。ここを撮影している道は袋小路だし、雨の中、個人の家の写真を撮っていたので、きたろうが怪しい人間に思われたようです。

#09、下総国分寺
#09下総国分寺.jpg
平川荘(跡地)の傍には、下総国分寺があります。

次に、ここから戻って、石乃湯に向かいました。

#10、石乃湯全景
#10石乃湯全景.jpg
石乃湯は、平川荘のそばで、さださんが良く訪れた銭湯です。

※石乃湯住所:市川市国分2丁目2-21

この時間なのに(2時58分)開店しそうな雰囲気ではない。

#11、石乃湯・西側側面
#11石乃湯(西側側面).jpg
石乃湯の西側面を観察したが、やはり営業している雰囲気はなかった。
この日の取材は、これで終了、家に帰り、現在、石乃湯が営業しているのかどうかをネットで調べたが、今一、はっきりしませんでした。

(続く)

次回は、さだまさしミュージアが開催されているもう一つの会場の木内ギャラリーを取材し結果を報告したいと思います。


nice!(26)  コメント(8) 

本田望結ちゃんショピング・モールに来たる(市川市) [エンターテーメント]

2015/02/21(土) 取材

数日前、きたろうが行っているスポーツジムのすぐ隣に「本田望結(ミユ)さんアイススケート&トークショー」のポスターが掲示してありました。
お子様向けイベントなので、普通ならスルーする所ですが、土曜日で、丁度ジムのプールに来る時間帯で「無料」のようなので、参加することにしました。

#01、本田望結(ミユ)さんアイススケート&トークショーのポスター
#01本田望結アイススケート&トークショー・ポスターC506.jpg
※きたろう撮影の写真です。

本田望結(ミユ)ちゃんは、「家政婦のミタ」で大ブレークした天才子役で、最近はスケーターとしても優秀な成績を残し、TVのバラエティ番組にも良く出演しています。現在10歳の小学4年生とのことでした。

アイススケート&トークショーの会場は、大手Dスーパーがキーテナントの、ショッピングモールの広場です。冬場は、ここに仮設のアイス・リンクが設置されちびっこ向けに供されています。

#02、アイススケート&トークショー会場
#02本田望結アイススケートショー(コルトンスケート場).jpg
※ネットからお借りした画像です。

客席は、リンクの前に、パイプ椅子が並べられ、その後ろの大階段も自動的に客席になり、たくさんの方が集まりました。もちろんこのうち約半分はちびっこたちです。

定刻になり、司会の方が、ちびっこ達に、「みゆちゃん」と呼ぶよう誘導し、皆が声をそろえて「みゆちゃん~~」と呼ぶと、さっそうとスケートで登場しました。

#03、本田望結ちゃんアイススケートの演技
#03本田望結コルトンスケート場でアイススケートの演技.jpg
※オスカー・プロモーションのホームページからお借りした画像です。

スケートリンクに登場すると盛大な拍手で迎えられ、「精一杯スケート演技をしますので応援してくださいね」と言ってから、布を使った演技を披露しました。ほどなくして、布の演技から、フリースタイルの競技のような演技を披露しました。大変狭いリンクですが、結構なスピードでのびのびとジャンプやスピンを披露してくれました。

 演技しているときはみゆちゃんは大人びた感じでひとまわり大きく見えました。約4分間の演技を終え、そのままの衣装で、インタビューを受けました。「これはエキシビション用のプログラムなんですけど、妹に負けないようにちょっと大人っぽく演技しました(*^_^*)」と言っていましたが、確かに言動一致と思いました。さらに、「あこがれのスケーターは誰?」という質問に「荒川静香さん」と答え、荒川さんの得意ポーズの「イナバウワー」を実演して見せたりしてくれました。

 このまま、若干のインタビューの後、この衣装では体が冷えるので着替えのため一旦退席したあと、おくるみのようなダウンをまとって登場しました。これは、「プルシェンコさんにいただいたものです」というと、客席は「オー」とざわつきました。そのあとで、司会の方が、みゆちゃんの基本的な知識の披露を兼ねた質問をしました。みゆちゃんは、終始にこにことそつなく答えていました。優等生的態度というか、この受け答えも、演技の一環なのか、10歳にして、すでに完成していると思いました。それもそのはず、10歳にして女優歴がすでに7年ということなんです(@_@;)

 その後、ちびっこ達に飽きさせないように、クイズ形式でみゆちゃんのことを紹介したり、兄弟が多い家族の家で生活の一端を披露したり、現在放送中のドラマ『警部補杉山真太郎~吉祥寺署事件ファイル』の番宣をしたりしているうちに、あっと言う間に終了の時間となりました。
このトーク・ショーで、ネットなどで良く伝えられていることは割愛しますが、あまり知られていないことで「妹の紗来ちゃんは、結構ひょうきんで、家では、皆を笑わせている」とか、「スケートの次に好きなスポーツは水泳である」とか「自転車は乗れるけど、苦手であるとか」を話してくれました。
 最後に司会の方が「みゆちゃん,がんばって」と言いましょうと言い、ちびっこたちが声を揃えて「みゆちゃん,がんばって~~~」と言う中、手をふりふり退場していきました。わずか30分で、大人も子供も、みゆちゃんの魅力のとりこになっていました(^O^)/

#04、アイススケート&トークショー終了後
#04本田望結コルトン・ポスターC509.jpg
※きたろう撮影の写真です。

開演中はもちろん、開演前から、写真撮影は厳しく禁止されていました。
終演後、せめてポスターだけでもと撮った写真です。バックの建物が、きたろうが行っているスポーツ・ジムの建物です。

END

nice!(24)  コメント(0) 

竹内まりやさんのライブ映像が公開されました [エンターテーメント]

2014/12/30(火)録画

昨年末の話ですが、竹内まりやさんの、ライブ映像公開といういのは、超レアなことなので、大分日数がたちましたが、記事にしました。

昨年12月30日のTBSテレビ17時30分からの番組「第56回輝く!日本レコード大賞」の中で、竹内まりやさんのライブの一場面の映像が放映されました。
ライブとは、竹内まりや souvenir 2014全国ツアーの最終公演地の日本武道館でのライブです。武道館では、12月20日(土)と21日(日)にライブが開催されました。きたろうは、12月20日のライブに参加しましたが。この参加レポは12月22日と29日のブログで報告したとおりです。

まりやさんの2014年9月発売のアルバム「TRAD」がオリコン週間ランキングで2週連続1位となったことで、日本レコード大賞のアルバム賞を受賞しました。番組で、その受賞の発表が行われましたが、その時に、まりやさんのライブの「静かな伝説(レジェンド)」の映像が3分21秒流されました。
その前後に、TBSの安住アナと仲間由紀恵さんが、生電話でのインタビューという形で、まりやさんが出演しました。

「日本レコ大」の番組は4時間30分に渡る長丁場の番組で、いつライブ映像が流れるか不明なので、録画しておいて、後でまりやさんのライブ映像を確認しました。

以下、この番組から静止画に落とした映像をアップします。まりやさんライブの画像が、TVで公開されるというのは、超レアなケースで大変貴重な写真と言えます。

#01、まりやさんのアルバム「TRAD」から「静かな伝説(レジェンド)」スタート
#01日本レコ大・竹内まりや画像スタート0分00秒.jpg
ギター・・・佐橋佳幸

#02、ギター:山下達郎
#02日本レコ大・山下達郎0分37秒.jpg
山下達郎がアップで映っているのはこの画像のみ。達郎さんはTVに出るのを、極端に嫌っているせいか、顔無しの画像となっています。

#03、04、05、06、07まりやさん歌唱中
#03日本レコ大・竹内まりや「人知れず尽くした・・・」0分50秒.jpg

#04日本レコ大・竹内まりや「語ってくれ彼の思い出を・・・」1分09秒.jpg

#05日本レコ大・竹内まりや「歌ってくれ彼女の・・・」1分16秒.jpg

#06日本レコ大・竹内まりや「語り継がれてゆく・・・」1分22秒.jpg

#07日本レコ大・竹内まりや「時を越えてみんなの・・・」1分26秒.jpg
まりやさんの歌唱は、しみじみ、しっとり、力強いものでした。
#07で、まりやさんの左側に山下達郎が映っていますが、照明が当たっていないので、ぼんやりとしか映っていません。

#08、ギター:佐橋佳幸さん
#08日本レコ大・佐橋佳幸1分48秒.jpg
佐橋さんは、松たか子の旦那だそうで、曲間のまりやさんのトークで、「松たか子のご懐妊おめでとう」と祝福されたり。「佐橋さんは家に帰ると松たか子がパンを用意して待っているんですよ・・・あの松たか子ですよ・・・良いですね~~」とか、まりやさんにさんざんいじられていました。

#09、バックコーラスの皆様
#09国分友里恵・佐々木久美・三谷泰弘1分53秒.jpg
彼女達は、それぞれ独自の演奏活動もしていて、それをまりやさんが、各人について説明・宣伝していました。共演者への気配りも十分です^-^

#10、11、「LaLaLa・・・・」
#10日本レコ大・竹内まりや「LaLaLa・・・」1分56秒.jpg

#11日本レコ大・竹内まりや「LaLaLa・・・」2分12秒.jpg


#12、ドラムス:小笠原拓海
#12日本レコ大・ドラムス小笠原拓海2分14秒.jpg
山下達郎がオーディション18人目で採用したとのこと。

#13、「LaLaLa・・・・」
#13日本レコ大・竹内まりや・観客席画面を合成2分27秒.jpg
この画像で。収録場所は、日本武道館であることがわかりました。収録日は、12月20日(土)きたろうが参加した日と推定しました。(脚注)

#14、ベース:伊藤広規
#14日本レコ大・ベース伊藤広規2分53秒.jpg
イメージからの想像とは異なり、温泉巡り、朝ドラ等が趣味だそうです。

#15、まりやさんハーモニカ演奏
#15日本レコ大・竹内まりやハモニカ演奏2分56秒.jpg
始めてから、日が浅いと謙遜していましたが、なかなかどうして・・・お上手です。

#16、17、エンディング
#16日本レコ大・竹内まりやエンディング(1)3分13秒.jpg

#17日本レコ大・竹内まりやエンディング(2)3分14秒.jpg


#18、曲終り
#18竹内まりや2014武道館ライブ静かな伝説(レジェンド)END3分21秒.jpg


注)12月22日に、マスコミ等から一斉に報道された12月21日(日本武道館)のライブ・レポートでは、竹内まりやさんが「静かなレジェンド」歌唱中に「感極まって、”声を詰まらせた”場面もあった」との報道がありましたが、今回公開の映像では、それはなかったので、この映像は12月20日に収録したものであると推定しました。

nice!(30)  コメント(1) 
エンターテーメント ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。