So-net無料ブログ作成
検索選択

クラリネットとピアノで奏でるフランス音楽 [演奏会]

2012/1/27取材
2012/1/28アップ
       

アイリンク・スカイコンサ-トに行って来ました。
今晩の演奏は、クラリネットの米倉森(よねくら もり)さんとピアノの織井香衣(おりい かえ)さんのアンサンブルです。
演奏会場は、タワーズウエストの最上階(45階)の展望室の一角で、演奏者と聴き手の距離は3m程と近接しています。
#01米倉森さん織井香衣さん.jpg
クラリネット・米倉森さん(右)、ピアノ・織井香衣さん(左)

きたろうは、一番前で聴きましたが、プロのクラリネットの演奏家の演奏をこんな近くで聴いたのは、初めてです。米倉森さんのクラリネットの音色は、まろやかな低音とつやのあるのびやかな高音とで、今まで、持っていたクラリネットの音色に対するイメージが一新されました。
ピアノの、織井香衣さんとは、長年一緒に演奏されているとのことで、特に第1曲目のサンサーンスのソナタは、絶妙なアンサンブルを要求されそうな曲でしたが、息のあった演奏でした。
今晩の演奏曲は、全部フランスの作曲家の曲で、軽妙洒脱な曲、重厚・荘重な曲(楽章)、トリッキーで軽快な曲(楽章)といろいろバラエティーに富んだ曲が演奏され、フランス音楽を満喫しました。
米倉さんはトークで、秋田で生まれ育ったとのことなどを話されましたが、雪国育ちのオーラは十分伝わりましたよ。
米倉さん、織井さん、主催者のスタッフの方々、素敵な演奏会をありがとうございました。
     

NOTE
アイリンク・スカイコンサート(JR市川駅前・タワーズウエスト45階展望施設)
2012年1月27日(金)19:00~19:45
主催:市川市
       

<演奏曲>(紹介&感想)
1、ソナタ/サン・サーンス・・・ゆったりとした第一楽章、軽快な第二楽章、荘重な第三楽章、早いテンポの第四楽章からなる。クラリネットとピアノのアンサンブルの妙は聴きどころです。
2、カンツォネッタ/ピエルネ・・・エスプリのきいた、洒落た小曲。
3、カンティレーヌ/カユザック・・・明るいお部屋で午後のひと時をゆったり過ごしてるといった感じの曲です。
4、ロマンス/サン・サーンス・・・元々はフルートとピアノの曲とのこと。
5、スカラムーシュ/ミョー・・・元々は、サックスとオーケストラの曲。第一楽章は軽快でトリッキーな曲、ゆったりとした第二楽章、テンポの早い第三楽章からなる。
アンコール曲・・・亜麻色の髪の乙女
      

夜景が写るようにフラッシュ無しでも撮影しました
#02米倉森さん織井香衣さん.jpg
●米倉 森(よねくら もり/クラリネット)
秋田県立能代高校出身。第10回秋田県青少年音楽コンクール管打楽器部門高校生の部最優秀賞大会グランプリ受賞。第25回練馬区文化振興協会主催練馬新人演奏会出演者オーディション木管楽器部門最優秀賞受賞。松岡究指揮東京ユニバーサルフィルと協奏曲を共演。
第4回横浜国際音楽コンクール管打楽器部門大学生の部第三位入賞。京都国際音楽学生フェスティバル2011に選抜学生としてオーケストラに参加。24回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール優秀賞受賞。同新人演奏会に出演。
これまでにクラリネットを安藤満里・山本正治.木村健男の各氏に、室内楽を吉岡アカリ氏に師事。WISH wind orchestraコンサートミストレス。現在、武蔵野音楽大学4年次在学中。

●織井 香衣(おりい かえ/電子ピアノ)
武蔵野音楽教室附属江古田音楽教室を経て、武蔵野音楽大学卒業。同大学卒業演奏会出演。同大学大学院博士前期課程修了。第17回日本クラシック音楽コンクール全国大会人選。
ピアノを田中祐子、本多万里子、K.シロウニアン、Eアシュケナージの各氏に、器楽伴奏法を小池ちとせ氏、オペラ伴奏法を横山修司氏、チェンバロを井上道子氏に師事。
現在、武蔵野音楽大学伴奏研修員。
END

nice!(5)  コメント(3) 

今日の東京スカイツリー(雪景色の東京スカイツリー) [東京スカイツリー]

2012/1/24(火)取材
2012/1/26(木)アップ

1月23日の真夜中に首都圏に雪が降りました(積雪4cm)
東京の雪景色は珍しいので、写真を撮ろうと思って、車で出かけました。ノーマルタイヤなので、路面凍結で不安だったのですが、357線は事故渋滞らしくノロノロ運転で、問題ありませんでした。

辰己の国際水泳場裏手から北方向・東京スカイツリーを望む
#01東京スカイツリー(辰己国際水泳場から).jpg
何故、辰己の国際水泳場かというのは、次回アップのブログを見てもらえばわかります。
今回は、ここからも東京スカイツリーが見えるんだという軽いノリでお願いします。

特徴のある、辰己国際水泳場の建物も一瞬で雪景色
#02辰己国際水泳場.jpg
きたろうはここで泳いだことはまだありません。

帰路で遭遇した、トラックの自爆事故(南千石橋付近)
#03トラック自爆事故・南千石橋付近.jpg
スリップして中央分離帯に乗り上げてしまったものと思われます。帰り道、車のラジオからは、事故と渋滞の報道がひっきりなしに伝えられていました。

いつもの、東京スカイツリー観測点からもパチリ
#04東京スカイツリー(市川市稲荷木より).jpg
市川市稲荷木から東京スカイツリー方面を望む

東京の雪は、はかないもので、当日で大体融けてしまいました。
END
nice!(1)  コメント(0) 

フルート・チェロ・ピアノのアンサンブルのニューイヤーコンサートに行って来ました [演奏会]

フルート・チェロ・ピアノのアンサンブルのニューイヤーコンサートに行って来ました。
当日は、朝からみぞれ混じりの雨で、自転車が使えないので歩いて会場(西消防署7Fホール)に行きました。このコンサートは、NPO法人ナルク市川が主催のコンサートで、もう何年も会を重ねているとのことでした。
(ネットで調べた所、一番古いところでは、2005年のニューイヤーコンサートがヒットしました)
このコンサートは当初、ヴァイオリン・チェロ・ピアノのアンサンブルで計画されたとのことでしたが、ヴァイオリンの方の体調の関係で、フルート・チェロ・ピアノのアンサンブルになったとのことでした。演奏者は、フルートは遠藤佳奈子さん、チェロは福原耕二さん、ピアノは逸見良枝さんです(プロフィール下記)。
 演奏曲は、シーベルトのアヴェ・マリアはじめ、全14曲(+アンコール)で、ポピュラーなクラシック曲を中心に、その他映画音楽など演奏されました。
 フルート・チェロ・ピアノのアンサンブルは珍しいと思いますが、チェロの福原さんが、楽譜を見つけて来るか編曲をなさったとの事で、編曲の妙が楽しめました。
 佳奈子さんのフルートの音色はピュアでやわらかな音色で、すがすがしい気持ちになりました。
 演奏曲の解説等を演奏者交互にやっていましたが、分かりやすく参考になりました。
演奏者の方々主催の方々、素敵な演奏会、ありがとうございました(*^_^*)
#フルート(遠藤佳奈子)チェロ・ピアノの調べ.jpg
♪♪♪ナルクふれ愛ローズ・ニューイヤー・コンサート♪♪♪
~~フルート・チェロ・ピアノの調べ~~
主催:ナルク市川拠点
(ナルク市川拠点はNPO法人ニッポン・アクティブライフ・クラブの市川拠点。障害者や高齢者の介助や健康セミナーなどを行っています。)
平成24年1月20日(金)PM1:00~開演
場所:市川男女共同参画センター7Fホール(西消防署内)
連絡先:ナルク市川・桑原TEL&EAX 326 - 5548
参加者:50名程

<プログラム>
1、アヴェ・マリア/シューベルト
2、<フルート>愛の小径/プーランク
3、<フルート>「アルルの女」よりメヌエット/ビゼー
4、〈フルート>天上のフルート/Fumio Yasuda
5、<フルート> 涙そうそう/BEGIN
6、ポロネーズ/バッハ
7、シチリアー/フオーレ
休憩
8、<ピアノ>ノクターンOP no2/ショパン
9、<チェロ>白鳥/サンサーンス
10、間奏曲/マスカーニ
11、ユー・レイズーミー・アップ/ラヴランド
12、トップ・オプ・ザ・ワールド/カーペンターズ
13、リベルタンゴ/ピアソラ
14、愛の喜び/クライスラー
アンコール・・・星に祈りを
 
<演奏者の紹介>
●フルート遠藤佳奈子(えんどうかなこ)
 桐朋学園大学卒業。同大学研究科終了2010年7月にピアノとのデュオ・リサイタルを開催。トリム楽譜出版「フルート名曲の花束」、「フルート日本の故郷」に付属のマイナスワンCD模範演奏を担当。現代音楽の演奏会やワークショップなどにも多数出演。またフルート・カルテット「レ・フイーユ」のメンバーとしても活動し2007年より毎年演奏会を開催し好評を得ている。現在、ミュージックアカデミー東京講師。 を得ている。現在、ミュージックアカデミー東京講師。
●チェロ福原耕二(ふくはらこうじ)
 静岡高校時代にチェロを始める。東北大学工学部卒業後パソコン設計技術者として勤務傍ら市川交響楽団で演奏。東京都響の佐久間豊春氏に師事。1989年には市響をバックにボッケリーニーのチェロ協奏曲を演奏。その後アマービレ管弦四重奏団にてチェロをつとめる。現在、弦小物のインターネット通販ショップ「ピチカート」を営む。
●ピアノ逸見良枝(へんみよしえ)                             、
 国立音大器楽ピアノ科卒業。現在はピアノ指導に携わる傍ら、ピアノトリオアラベスク、ヴァイオリンデュオ・ミュ-ズ、花音のピアノ奏者、器楽や歌の伴奏者として、またバッハカンタータアンサンプル楽譜点訳の会、ポコ福祉ボランテイア園、シュッツ・アカラペアンサンプル、風花、ナルク市川などに所属し活動している。ナルクふれ愛ローズ、伴奏者。
END

※フルーティスト・遠藤佳奈子さんのブログ
http://music.ap.teacup.com/mame1109/
nice!(1)  コメント(1) 

きたろう散歩(心乱される交響曲) [演奏会]

オーケストラのコンサートへ行って来ました。今回の演奏会は、交響曲が3曲という、一寸、ヘビーな演奏会でした。
#01演奏会場・ステンドグラス.jpg
この演奏会で、目からうろこというか、カルチャーショックというか、きたろうは、そのような経験をしました。

きたろうは、演奏を聴く前に、プログラムに書いてある曲の紹介や解説はあまり読みません(ちょっとだけ見る)。そいう主義という大層なものではなく、会場はだいたい薄暗くて、読む気がしないという理由からです。

さて、交響曲の演奏ですが、特に2番目に演奏された、オネゲルの交響曲第三番で、ややショックを受けました。
#02演奏会場・客席案内.jpg
演奏を聴きながら取ったメモを以下に掲げます。
「第1楽章→荒々しいリズムと不協和音で心地よくない。第2楽章→静かでゆったりとした曲調。西洋的とも東洋的ともつかない調べ。フルートが不思議なメロディを奏でている。第3楽章→金管群が戦場へ向かう戦士の行進を思わせる。中盤、突然穏やかな、鎮魂のような、または新しい生命の誕生を思わせるような曲調になる。最後は、フルート(ピッコロ?)の超高音のソロで終わる。」

つまり、一般の交響曲では、聴いていて、興奮させられたり、癒されたり、元気づけられたりします。この交響曲は、はっきり言って第1楽章は不協和音等不快でした。第2楽章も居心地が悪いような感じで、第3楽章(前半)は、戦いに向う兵士の恐怖感や不安感が感じられました。フィナーレの部分で、何か光明が見えて来るような、わずかな希望が見えて来るような感じで、少し救われます。

このように心乱される交響曲は、初めて聴きました。音楽と言っても、こういう聞き手を、不快にして、不安と恐怖を味あわせるような交響曲と言うのがあるんですね。カルチャーショックを受けました。

家に帰ってから、指揮者のメッセージがあり、それを読んで、なぜこの曲を演奏したかが分かりました。この選曲は、昨年・春の大震災の犠牲者に対する追悼・鎮魂の意味があったのです。
以下、指揮者(金子建志氏)のメッセージ(後半部)をそのまま掲示致します。
***********************************
オネゲルは第二次大戦の際、ナチス占領下のフランスに留まったのですが、レニングラードに留まったショスタコーヴィチ、若しくはナボレオン戦争下のウィーンを去らなかったベートーヴェンがそうであったように、戦禍の中に身を置いた作曲家の描いた戦争は、リアリティが全く違います、
お聴きになればお分かりのように、炸裂する砲弾、軍靴やキャタビラの響き、急降下爆撃や絨毯爆撃の轟音など、様々な描写が聴き採れるのですが、最も痛切に描かれているのは、その結果として奪われた何百万もの命に対する慟哭と真摯な祈りです。
今回、この交響曲を練習している際、オネゲルが描いた戦争の殺戮が、全てを蹂躙して進むあの津波の映像に重なりあっていくのを禁じ得ませんてした。
 

ここで述べたことは、あくまでも、私、個人の思いであり、追悼演奏会と銘打って拍手を禁じるようなつもりもありません。ただ、今回の曲目こ描かれている悲嘆と祈りを、大震災で奪われた尊い命の冥福を祈る気持ちと重ね合わせて、千葉フィルの一同と共に演奏させて頂ければと願っております。
2012年1月15日 金 子 建 志
************************************
#03演奏会場・ロビー.jpg
NOTE
千葉フルハーモニー管弦楽団
第27回演奏会
日時:2012年1月15日(日)13:30
場所:習志野文化ホール
指揮:金子建志
曲目:
①芥川也寸志、交響三章
②オネゲル、交響曲第三番(典礼風)
③ドヴォルザーク、交響曲第七番
END


nice!(0)  コメント(0) 

2012年1月14日(土)15日(日)イベント情報/かまくら、秋田物産展、なまはげ/千葉県市川市(終了しました) [イベント情報]

終了しました
昨日、スポーツクラブへ行ったら、そこのモールの広場で、本物の大きな雪の塊を加工していました。 作業の方に聞いた所、かまくらを作っていて、秋田の横手から持ってきた雪との事でした。
#01コルトン・かまくら作成中.jpg
スポーツクラブの帰り、さっきの雪の塊は、外形は整っていましたが、中はまだくりぬいてはありませんでした。
#02コルトン・かまくら作成中(夕).jpg

周りの、テントの一つです。
#03コルトン・秋田物産イベント.jpg

秋田関連のイベントがあるらしいことがわかりました。

ットで調べたら、大かまくら展示、秋田物産展、なまはげ練り歩き&なまはげ太鼓などがあるという。 大かまくら展示はつい今しがた始まっています。

<NOTE>
●大かまくら展示・・・始まっています{14日(土)11:00~20:00}
●秋田物産展・・・始まっています{14日(土)10:00~}
●なまはげ練り歩き&なまはげ太鼓
2012年1月14日(土)①13:00~、②15:00~
2012年1月15日(日)①11:00~、②13:00~

※詳しくは
http://www.nikke-cp.gr.jp/shop/eventnews.jsp

nice!(0)  コメント(2) 

きたろうレシピ(グレープ・ゼリー)(ダイエットの方用レシピ付き) [スイーツレシピ]

回は、グレープ・ゼリーです。 ダイエット中の方も考慮した、パルスイート使用のレシピもあります^-^
#グレープゼリー.jpg
●材料・容器(2個分)
グレープジュース(市販品)・・・・・300ml
砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・10g{またはパルスイート・スティック(1.2g)2本}
ポッカレモン(サンキストレモン)・・・10ml
粉末ゼラチン・・・・・・・・・・・・・・・・・・10g
※砂糖、ポッカレモンは、ゼリーの場合ジュースだけだと、味が薄くなるので加えます。
      

容器(200ml容ガラス容器)・・・・・・2個
      

●作り方
①粉末ゼラチン以外を鍋に入れ、沸騰寸前まで加熱します。
②粉末ゼラチンを少しずつ、かき混ぜながら入れ、溶かします。
③材料を容器に均等に入れ、冷まします。
④荒熱がとれたら、冷蔵庫で固めます。

さあ、召し上がれ(●^o^●)

●エネルギー
グレープゼリー1個あたり(砂糖使用)・・・・・・・・・・・102kcal.
同上・パルスイート使用の場合・・・・・・・・・・・・・・・・・85kcal.
END
nice!(0)  コメント(0) 

市川市ゆかりの福田千惠画伯の展示会(芳澤ガーデンギャラリー) [絵画鑑賞]

2012/01/11(水)アップ
2012/01/08(日)取材

市川市の北部にある、市のギャラリー「芳澤ガーデンギャラリー」に行って来ました。現在、市川市ゆかりの日本画家の福田千惠(せんけい)氏の絵の展示を行っています。

芳澤ガーデンギャラリー「福田千惠展」看板
#01福田千惠展看板.jpg

ギャラリーには千惠氏自身が選定した29点の絵が展示されていました。大半の絵が大型の絵でした。これらの大型の絵を、第1展示室と、第2展示室をぶち抜いて展示してあるので、迫力があり、千惠氏の絵がかもし出す気品に満ちた雰囲気がギャラリー空間に広がっていました。

天使のレリーフ
#02天使のレリーフ(福田千惠画).jpg

紫陽花とテレサ
#03紫陽花とテレサ(福田千惠画).jpg

この日、会場には、千惠氏がいらっしゃって、気さくに、絵の解説をされていました。

天主堂への道
#04天主堂への道.jpg

梅里(ばいり)
#05梅里(福田千惠画).jpg

フルートと筝のギャラリーコンサート終了後、ちょっとだけお話をさせて頂きましたが、千惠氏は、芳澤ガーデンギャラリーはすばらしいギャラリーなので、市川市民に、もっともっと活用して頂きたいと、おっしゃっていました。

福田千惠画伯
#06福田千惠画伯.jpg

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

新春ギャラリーコンサート(フルートと筝の共演) [演奏会]

2012/01/09(月)アップ
2012/01/08(火)取材

市川市の北部にある、市のギャラリー「芳澤ガーデンギャラリー」に行って来ました。現在、市川市ゆかりの日本画家の福田千惠(せんけい)氏の絵の展示を行っています。今日は、千惠氏の展示に花を添える形で、フルートと筝(琴)の演奏会があるので、ワクワクしながら行きました。

#01福田千惠展看板.jpg

ギャラリーに着いて、まず、千惠氏の絵を拝見致しました。29点展示されていました。会場には、千惠氏がいらっしゃって、ていねいに絵の解説もして頂きました。千惠氏の絵の展示については、次回のブログで報告したいと思います。

演奏会は、千惠氏の希望が邦楽ということだったので、それに近い形で、フルートと筝の組み合わせを、市の文化振興財団でプロデュースしました。
筝は中島裕康さん、フルートは佐々木萌絵さんの演奏です

#02中島裕康・佐々木萌絵さん.jpg

一曲目は、正月らしく、宮城道雄の春の海でした。フルートは西洋の楽器ですが、筝との二重奏で全く違和感がなく、しっとりと邦楽の響きをかなでていました。
その後は、洋楽のクラシック曲を3曲。この3曲は、フルートは洋をかなで、筝も洋の音階をかなでます、が筝はやはり、邦の響きがします。つまり、全体的には洋の響きですが、邦の響きがスパイスのように効いているといった感じです。一寸エキゾチックな音色でもあります。
5曲目は、筝の独奏で「三つの遊び」という曲で、特に三つ目の汽車ポッポの段は、弦をこすって汽車の音を出すという。高度な演奏テクニックが披露されました。
最後の曲は、萌春という曲で、長い冬に耐えたあと、静かではあるが力強く春はふつふつ
と近づいて来るというような感じの曲でした。

演奏後、佐々木萌絵さんに、フルートの奏法についてお聞きした所、邦楽の演奏の時は少し、奏法を変えて邦楽的な響きを出しているとのことでした。
筝は、13弦の筝を使用していました。同じ筝を2張り使用していましたが、調弦をスムースに行うためのようでした。

お二方の素敵な演奏で昼前のひと時を楽しませてもらいました。
ありがとうございました。

NOTE
<当日のプログラムより転載>
第13回市川の文化人展福田千惠展 刻を描き夢を求めてギャラリーコンサート
2012年1月8日(日)11:30 ~、14:00~
主催:市川市

<PROGRAM>
1.春の海(作曲:宮城道雄)
2.Piacer d'amor 愛の喜び(作曲:マルティーニ)
3.無伴奏フルートのための「12のファンタジー」より(作曲:テレマン)
4.間奏曲(作曲:イベール)
5.三つの遊び(作曲:宮城道雄)(まりつき、かくれんぼ、汽車ごっこ)
6.萌春(作曲:長沢勝俊)
※5は筝の独奏で、それ以外は、フルートと筝の二重奏でした。

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

TV番組・私設番宣(時をかける浮世絵師~歌川国芳・江戸にスカイツリーを描いた男~)   ~~~終了しました~~~ [TV番組]

~~終了しました~~

TV番組の紹介です。
今晩9時(1月2日)BS朝日で「歌川国芳」に焦点を当てた番組があります。
番組冒頭で、きたろうがSO-NETブログで、取り上げた東京スカイツリーに似た塔の話も有ります。
良かったら見てください。

国芳の描いた「東都三ツ股の図」(部分)
#01国芳東都三ツ股の図(カラー).jpg
※きたろうのレタッチあり

番組概要
<題名>時をかける浮世絵師~歌川国芳・江戸にスカイツリーを描いた男~
<放送日時>2012年1月2日(月) 21時00分~22時54分
<要旨>それは、美術史上もっとも「奇妙」な事件…180年前の浮世絵に描かれていたのは、あのスカイツリーだった!?“時をかける浮世絵師"歌川国芳の謎に、俳優・山本耕史が挑む!!
<番組内容>「江戸時代に、スカイツリーを描いた浮世絵師がいた!」江戸後期の天才浮世絵師、歌川国芳。彼の描いた「東都三ツ股の図」には、隅田川沿いののどかな風景に、なぜかスカイツリーのような塔が描かれていた!まるで未来を見ていたかのような不思議な絵をスタートに、俳優・山本耕史が奇想の絵師・歌川国芳のスリリングな人生をたどる。
<出演者>山本耕史

きたろうの「国芳と東京スカイツリー」に関するSO-NETブログ
http://hiroshige-kitarou.blog.so-net.ne.jp/archive/201102-1

nice!(2)  コメント(3)