So-net無料ブログ作成
検索選択

第12回 「堀切の花菖蒲(夏64景)」 [広重・名所江戸百景]

2011/6/30(木)アップ
ほぼ、半年ぶりに、本業(名所江戸百景)のブログアップです。ネットの友人が“菖蒲園に行って来ました。”と報告があったので、ハッとして急遽、広重の「堀切の花菖蒲」をアップすることにしました。
今回、"現在の分"の写真は、3年前に撮った写真を使う事にしました。蔵出しの写真のみの使用で申し訳ありません。
.
#00堀切の花菖蒲(フ.jpg
.
写真#01は、11年前の6月3日に撮影したものです。その日は、“菖蒲まつり”の初日(または翌日)で、きたろうは勇んで出かけて行きました。ところが、菖蒲は、ほとんど咲いていませんでした。
.
#01堀切菖蒲園(園内から南西方向を眺む)(撮影:平成12年6月3日)
#01堀切菖蒲園(H12.6.3).jpg
.
次の写真は、#01とほぼ同アングルの、平成20年6月19日の写真で、菖蒲は、見頃の時期でした。手前の、黒い名札は、菖蒲の品種を示している札です。
.
#02 見頃を向かえた堀切菖蒲園(撮影:平成20年6月12日)
#02堀切菖蒲園(.JPG
.
次の#03の写真は、11年前、園内ほとんど菖蒲が咲いてないなか、貴重な早咲きの菖蒲の写真です。
.
#03 早咲き(?)の菖蒲(堀切菖蒲園・園内から北東方向を眺める)(撮影:平成12年6月3日)
#03堀切菖蒲園(H12.6.3).jpg
.
#04は、#03とほぼ同アングルの3年前の写真です。この時は木曜日にもかかわらず、園内は満員状態という感じでした。
.
#04 菖蒲の見頃を迎えた堀切菖蒲園〔撮影:平成20年6月19日(木)〕
#04堀切菖蒲園(#20.6.19).JPG
.
ここで、堀切菖蒲園の歴史を、ひも解いてみたいと思います。と言っても、園内にあった、葛飾区教育委員会の、説明板の文を以下そのまま掲載致します。
.
「この地にはじめて花菖蒲が伝来したのはいつの頃か明らかではありませんが、一説によると、室町時代堀切村の地頭久保寺胤夫が家臣の宮田将監に命じて、奥州郡山の安積(あさか)沼から花菖蒲を取り寄せて培養させたのが始まりとも、文化年間(1804~1817)堀切村の百姓伊左衛門(小高氏)が花菖蒲に興味を持ち、本所の旗本万年録三郎から、「十二一重」を花菖蒲の愛好家松平左金吾(菖翁)から「羽衣」「立田川」などの品種を乞い受け繁殖させたのが始まりとも言われています。  堀切で最初の菖蒲園は、江戸時代末期に開園した小高園で、明治に入ると武蔵園・吉野園・堀切園・観花園、花園などの菖蒲園が開園しています。この堀切菖蒲園は堀切園の跡です。  堀切の花菖蒲の様子は「江戸百景」に数えられ、鈴木春信・安藤広重などの著名な浮世絵にも描かれています。また明治には「東京遊行記」(明治39)『東京近郊名所図絵(明治43年)」などに次々と堀切の菖蒲園が紹介され。全盛期は明治中期から大正末期頃だと思われます。  園内では「十二単衣」「酔美人」「霓裳羽衣(げいしょううい)」など稀少な品種も多くみられます。」
.
また、この説明板には、この菖蒲園が“葛飾区指定名勝”に昭和52年(1977)3月19日指定された旨も記載されていました。
.
以下は、3年前撮影の園内の点景をランダムに掲載致します。
.
#05 堀切菖蒲園・北西方向を眺める
    (高速道路の向こう側が、隅田川です。)
#05堀切菖蒲園(H20.6.19).JPG
.
#06 菖蒲園の中で、広重の描いた菖蒲と最も似ていた花
#06堀切菖蒲園(H20).JPG
.
#07 広重の描いた花に似た花の品種名は、奇しくも“江戸紫”であった。
#07堀切菖蒲園(H20).JPG
.
#08 この日撮影した中で、もっとも華やかな菖蒲の写真です。
     後ろを歩く二人の女性がまたいい雰囲気をかもし出しています。
#08堀切菖蒲園(H20).JPG
.
#09 入口入ってすぐの所にある葛飾区教育委員会の説明板
     (先程引用した説明板より大きく、菖蒲園の歴史に付いて詳しく書いてありました。)
#09堀切菖蒲園(H20).JPG
.
この説明板の表示内容は末尾にテキストで表示しました。
.
#10 手持ちの資料から、菖蒲園の古写真を一枚アップします。
    撮影年が今一はっきりしません。当時は、園内に築山があったんですね。
     いま、園内は、ほとんど平です。
#10菖蒲園・古写真.jpg
この園内には、200種、6,000株の花菖蒲が植えられています。
.
本文END

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 

きたろう散歩番外編”横浜でブラタモリ”をトレースする(Ⅱ) [散歩会]

きたろう散歩実施日:2011/6/5(日)(6月16日アップ)
    
横浜スタジアムのそばの、有名な“アジアン スープカレー”の店で昼食を取りました。ここで、もう一人のGFも合流し、4人で食事をしました。
    
昼食後、すぐ近くの横浜市開港記念会館へ行きました。ここは、ブラタモリは対象外です。
レンガ造りの重厚な建物です。明治42年(1909)、福田重義の設計で市民の寄付で建設されました。国の重要文化財で、現在も、横浜市中区の公会堂として利用されています。
    
#11横浜市開港記念会館(北東から撮影)
#11横浜市開港記念会館(北東から).jpg
    
周囲に、高いビルが林立しているわけではないので、結構存在感があります。
先程の神奈川県庁は、この建物の斜め向かいにあり、この一角は、明治から大正にかけて建築された建物で一種ノスタルジックな街の雰囲気をかもしだしています。
     
#12横浜市開港記念会館(北から撮影)
#12横浜市開港記念会館(北から).jpg
    
#13浜市開港記念会館・説明板
この建物の沿革や構造の概要、内部にあるステンドグラスのことなどの説明が書いてあります。
#13横浜市開港記念会館・説明板.jpg
    
説明の7行目の「辰野式・・・」という説明がありますが、辰野とは、辰野金吾のことで、設計者の福田重義は辰野金吾の弟子です。
辰野金吾設計の代表的な建物は、東京駅です。この、横浜市開港記念会館がどこか東京駅を彷彿させるのは、そのせいです。
    
この会館は、公会堂なので、入館は無料です。入館すると、館内案内人の方(恐らくボランティア)が出迎えてくれ、館内を案内するとのことなので、案内して頂くことになりました。
    
#14 ステンドグラスA(黒船来航・貴賓階段室)
#14ステンドグラス(黒船来航・貴賓階段室).jpg
    
このステンドグラスは、黒船来航の様子を描いたものです。船の船尾に掲げられた旗は星条旗です。
    
#15“横浜発祥の地”の絵(2F旧食堂)
ブラタモリの番組中、横浜の地名は「横に長い浜」と言う事が紹介されていました。この絵は、現在の“本町4丁目から山下町方面”を、東から見て描かれています。絵は、2階の食堂のあった広い部屋に飾られています。
#15横浜発祥の地の絵(旧食堂).jpg
    
#16 ステンドグラスB(横浜市のマークと鳳凰・2F旧食堂)
旧食堂から、西側の廊下(道路側)への出入り口の扉の周囲は、ステンドグラスで装飾されています。扉の上部のステンドグラスは、横浜市のマークと鳳凰です。菱形のマークが横浜市のマークで、片仮名の“ハ”と“マ”を図案化したものだそうです。なぜ“鳳凰”か?ということは聞きもらしました。
Sさんは、横浜在住ですが、菱形の横浜市のマークの存在を今回初めて知ったようでした。
    
#16ステンドグラス(鳳凰・旧食堂).jpg
    
#17 ステンドグラスC(呉越同舟・2F旧食堂)
扉の左側のあるステンドグラスは、中国の故事「呉越同舟」をテーマにしている由。(何故、呉越同舟がテーマなのか?についても聞きもらしました・・・)
#17ステンドグラス(呉越同舟・旧食堂).jpg
    
さて、 “横浜でブラタモリ”最大の見せ場は、横浜が、全く埋め立てがされて無い時代、タモリが入り江に面する海岸で海の方を見ているというCGの場面だと、きたろうは思います。CG画面中、アニメ キャラのタモリがたたずんでいた場所があります。その、場所を特定しようと、録画したビデオを何回か見ましたが、土地鑑もないので、特定出来ませんでした。もちろん、ネットでも調べましたがわかりませんでした。但し、その場所の手がかりとして背景の建物に“ZAIM gallery”という文字が書いてありました。  その場所を、横浜市開港記念会館の案内人の方に、お聞きした所、そこは横浜スタジアムの北側に隣接する場所であることが分かりました。
    
#18 この建物(ZAIM)より右側が、昔は海(入り江)だった。
#18昔の入り江の海岸線.jpg
    
中央自転車の人の後ろ側、建物の角のところに、タモリと久保田アナウンサーと嶋田さん(横浜シティガイド協会)の3人がたたずみ、ここが昔は入り江の海岸線だったことをしみじみと想い起し、感慨にふけっていました。
(番組では、この後CG画面に一転、昔の入り江の様子、さらにそれが埋め立てられ、商店街として発展してゆく様子が映像で示されました)
 
    
きたろうのGF3人は、この辺にたたずみ、なにやらおしゃべりをしていました。
        
#19 この建物(ZAIM)の出入り口
#19ZAIM出入口.jpg
    
この建物の東側にある出入り口です。全く、玄関らしく見えませんが、ぐるりと周囲を見ましたが、出入り口はここだけなので、これが玄関です。
    
タモリ一行はこの道を向こう(画面左端)の方から歩いて、この場所に登場しました。
      
#20 #19を入って、すぐのところ。
#19を入ってすぐのところに、この建物の説明がありました。この建物の名称はZAIMで旧関東財務局の建物で、現在は横浜市が所有し、アーティストやクリエーターの発表の場として活用されているとのことでした。
#20ZAIM入ってすぐの所.jpg
    
なんか、変な建物と思っていましたが、#20のこの場所に入って、疑問は氷解しました。
    
ここで、本日の目的はすべて達成しました。
このあと、喫茶店に入って休憩した後、解散しました。
    
END
    
nice!(0)  コメント(5) 

きたろう散歩番外編”横浜でブラタモリ”をトレースする(Ⅰ) [散歩会]

きたろう散歩実施日:2011/6/5(日)(6月14日アップ)
    
NHKのTV番組「横浜をブラタモリ」のタモリと久保田アナウンサーの訪問した所をトレースしようと思いました。
    
関内駅10時集合、GF2人と第一の目的地、象の鼻パークに向かいました。 途中、横浜スタジアムの脇で横浜開港記念バザーをやっていました。 いろいろな、B級グルメのにおいに囲まれて通過。
    
象の鼻パーク。タモリは、この名前について、番組の中で久保田アナンサー相手にかなり突っ込みをしていました。
(”スケールが小さい・せこい感じがする”・・・というような感じの突っ込み)
定期船や遊覧船が停泊していて、エキゾチックムード満点です。2年?ぶりの横浜港
なんかロマンティックな気分になって、いいなー・・・・
    
#01 象の鼻パークから赤レンガ倉庫方向を望む
#01象の鼻パーク(ア).jpg
    
#02 左側の石垣の部分が象の鼻先のまるまったところに相当
#02象の鼻パーク(イ).jpg
    
次に、転車台跡に行こうと思いました。場所が判らないので、近くのお店で聞いたところ赤レンガ倉庫の方にあるとのことでした。
約500m歩いて、赤レンガ倉庫近くまで来ましたがそれらしきものはありませんでした。
    
#03 赤レンガ倉庫2号館
#03赤レンガ倉庫1号館.jpg
        
そこで、赤レンガ内のお店の方に聞きました。そしたら、赤レンガ倉庫1号館の南側の駐車場脇にあるとのこと。
    
#04 赤レンガ倉庫1号館
#04赤レンガ倉庫2号館.jpg
    
行って見たら、縦横約8m高さ1m位のガラスでできた謎の設備が4つありましたが、これではありませんでした。
転車台跡はあきらめて神奈川県庁に向かいました。途中再び象の鼻パークをとおりました。
    
#05 象の鼻テラスの上から、象の鼻方向を望む
#05象の鼻テラス上から象の鼻を望む.jpg
そしたら、転車台跡がありました。転車台とは、明治時代、横浜港の荷捌に使われたトロッコの進行方向を90度変更する設備です。その明治時代の設備が公園整備時出土し、それを遺跡として保存している所です。
    
#06 転車台跡(ガラスの下に転車台が展示されている)
#06転車台跡(ア).jpg
    
#07転車台跡(上からガラス越しに覗いて見ている)
#07転車台跡(2).jpg
    
#08転車台跡説明板
#08転車台(説明板).jpg
    
ガラスの覆いの下に直径数mの転車台の一部が顔をのぞかせるような形で展示してあります。こんな設備ですので全く目立たず、一部の観光客が、覗き込んでいるという程度でした。
タモリと久保田アナは、番組中、施設関係者の方にガラスを外してもらって見ていました。きたろう達は、ガラスの上から見ましたが、表面に上空の薄い雲が反射して中は良く見えませんでした。でも、転車台の丸いワッパ状の構造物のおおざっぱな形は良くわかりました。
(写真は、画像処理しているため、中の構造が見えてますが、実際はガラスに白い雲が反射してほとんど見えません)
せっかく場所を教えてもらったお店の方には悪いんですけど、お二人の方から教えてもらった場所は全く違っており、おかげさまで約1km位探し回りました。(もっともダイエットにはすこし効果があったか?)
昼食をとるため、横浜スタジアムの方に戻ることにしました。
日曜日なのに、神奈川県庁の門は開いていました。
    
#09神奈川県庁門柱
#09神奈川県庁(表札).jpg
    
#10神奈川県庁玄関
#10神奈川県庁(玄関).jpg
    
三菱の電気自動車の試乗会をやっていました。時間があったので、試乗しました。試乗の距離は大変短いものでしたが、ちょっとしたスロープもありました。乗った印象は、静粛性はもちろんありました。印象深かったのは、低速時トルクの力強さで、低速で、スロープを登る時は、ガソリンエンジンでは見られないトルクの力強さが感じられました。
    
(そのⅡに続く)

nice!(1)  コメント(2) 

きたろう散歩番外編”歌川国芳の浮世絵VS東京スカイツリー(6)(最終回)(注) [歌川国芳]

2011/06/12(日)アップ
あれっ、このシリーズは、前回で完結したのでは?とお思いでしょうが、どうしても書かざるを得ない資料が発見されたのでアップしました。
写真#01は、本シリーズ(2)でも掲載しましたが、深川江戸資料館内、ビデオ視聴覚コーナーの壁を飾る線画です。シリーズ(2)で、きたろうは、この絵が架空の場所を描いたものとしましたが、これはとんでもない事実誤認であることが判明しました(以下、順序を追って説明します)
#01深川から永代橋を望む.jpg
本シリーズ の(5)をアップした後、まだバラ状態のままの資料を整理・ファイルをしていました。その時に、深川江戸資料館の観覧券を資料館の栞にホッチキスで留めようとして、瞬間観覧券の裏を見た時に“あっ”と驚きました。今まで約3ヵ月間も探していた、本所深川方面の絵図(俯瞰図)が掲載されていたのです。
#02深川江戸資料館切符裏オリジナル.jpg
    
なーんだ、探し求めていた資料はこんな身近にあったのか?とチルチルとミチルの青い鳥探しの心境でした。この観覧券の裏の絵は船橋屋織江著「菓子話船橋」[天保12年(1841)刊]に掲載されているものです。深川佐賀町の菓子の名店船橋屋は文化初めの創業で、練羊羹を売り物としていました。本書はその船橋屋の主人が、店に伝わる菓子の製法を、素人の菓子好みの人々が作れるようにと分量付きで紹介したものです。
      
因みに、この船橋屋は、現在、亀戸にある「船橋屋」とは関係がないとのことです。
本の綴じ代の部分をカットしてつなげたものが、図#03です。絵は永代橋及び深川佐賀町を南西方向から、北東方向を俯瞰で見下ろすように描かれています。
#03深川江戸資料館切符裏ブログ6(本番用).jpg
    
#04霊雲院画像(URL付き).jpg
    
著者のお店(船橋屋)が画面左に、右手前に永代橋が大きく描かれています。船橋屋は佐賀町にあったという事実から、画面中央の橋は下之橋であることが分かります。また、左端の橋は中之橋と推定されます。また、なんと火の見櫓も描かれているではないですか。それは、下之橋のすぐ左(北)のところに描かれていました。まさに、この絵は国芳が描いたほぼ同じ場所を、国芳の視点より約800m南のところ(隅田川西岸・永代橋の南側)から描いています。
    
国芳が描いた三ツ股の図では、中之橋があって、すぐ右に火の見櫓があって、そのすぐ右隣に謎の高い塔が描いてありました。しかし「菓子話船橋」に掲載された絵では、その謎の塔は見当たりません。もっとも、国芳が描いたのは、天保二年(1831)、「菓子屋船橋」は天保十二年(1841)刊行ということで、描かれた時期も違うので、国芳が描いた謎の塔、すなわち井戸掘りのための櫓は、一時的な建築物なので、「菓子屋船橋」に描かれていなくとも何の不思議はありませんが・・・
    
 ここで、もう一度#01の線画を、見て頂きたいのですが、本シリーズ(2)に掲載したときには、説明として、「具体的な場所を描いているのではない」ときたろうは結論づけていました。しかし、これはきたろうの大きな勘違いであることが分かりました。なぜかというと、菓子話船橋に掲載の絵に基づいて、江戸期の「本所深川絵図」に船橋屋の位置と火の見櫓の位置を描き入れました。次に、この地図上で火の見櫓、永代橋、富士山の位置関係を良くみると、な、なんと#01の線画は佐賀町の火の見櫓の傍から南西方向を眺めた絵であることがわかりました。(#05)
#05江戸本所深川地図ブログ6(本番用).jpg
    
すなわち、「菓子話船橋」に掲載の絵は、深川・佐賀町を南西方向から北東方向を俯瞰して描いた絵で、それに対し深川江戸資料館のビデオ視聴コーナーの所の線画は深川佐賀町から南西方向、永代橋、富士山の方向を描いた絵で丁度、ビューポイントが正反対の位置関係になっていることが分かりました。 ということは、#01の線画で画面左手に流れている川(堀)は油堀川でさらに左の画面外には下之橋が架かっていると考えられます。
(本シリーズ(5)地図#03参照)
    
菓子話船橋に掲載の絵図と、国芳の描いた三ツ股の図の対岸深川の様子は、若干異なります。 菓子話船橋の絵では、本所深川の北の方から、中之橋、(船橋屋)、火の見櫓、下之橋、永代橋という順に並んでいます。国芳の絵では、中之橋、火の見櫓、(謎の高い塔)、永代橋と並んでいます。
どちらが、信憑性が高いかと言えば、菓子屋船橋の方が信憑性が高いと思われます。 前回も指摘しましたが、国芳の絵では、橋の架かっている川(堀)の巾と橋と橋の距離等に整合性が見られないことが分かっています。また、菓子屋船橋の絵は、この地区の絵地図的なものとして掲載されているのに対し国芳の絵は風景画として美術的な要素を求めていると考えられるからです。
    
結局、国芳の謎の塔の解明の鍵は、お水番さんの指摘どおり深川江戸資料館に揃っていた訳です。それを、きたろうも資料館の女性職員も気付ず見逃していたという事でした。
 この事実を、きちんと認識してから、観覧券の裏面の絵と、ビデオ視聴コーナーの線画を見ると、これらが、なんと生き生きと見えたことか!!
    
#04霊雲院画像(URL付き).jpg
    
これには、深川霊雲院の他、万年橋、正木稲荷、神明宮塔が描かれています。これも南西方向から北東方向を見下ろした俯瞰図です。
      
   
この絵図の掲載で、本シリーズを終了させて頂きます。     END
    
注)従来のサブタイトル(エピローグ)を(最終回)に変更致しました。(2011/8/6)

続きを読む


nice!(1)  コメント(9) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。