So-net無料ブログ作成

きたろう散歩”望月コレクション・二大街道展を鑑賞する” [広重]

ブログの掲載に先立ち、このたびの震災で亡くなられた方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます
また、被災された方たちには心からお見舞い申し上げます
    
4月14日(木)アップ
    
3月24日でご案内しました「望月コレクション・広重二大街道展」に昨日行って来きましたのでレポート致します。
#01木曾街道洗馬.jpg
地下鉄の”九段下”駅で下車すると、九段会館が目に入りました。3月11日の大地震で、犠牲者第1号が出た建物です。望月コレクション鑑賞の前に、九段会館の様子を見ました。
    
現在の九段会館玄関
#02九段会館玄関.JPG
    
九段会館休業の告知看板
#03九段会館休業ご案内.JPG
九段会館は、地震で建物内部が損壊し、休業中でした。
 地下鉄の駅では、エスカレーターが省電力のため、ほとんど停止していました。また、駅構内も省電力のため照明は絞ってありました。エスカレーターが止まっているのには、きたろうはいろいろな意味で困りましたが、照明は、この程度の明るさで問題無いと思いました。今までが、どんどん明るくして来て、必要以上の明るさになっていたのでは?と感じました。
この様に、至る所に地震の影響は表れていました。
    
 望月コレクション二大街道展は、九段生涯学習館の二階で展示がされていました。まず、木曾街道六十九次の方ですが、英泉が日本橋から描き始めています。絵は、額装され上下二段で展示されていました。表題解説の類の添え書きはありません。絵の印象は、百数十年経過した絵には見えないというほど、色が濃いと感じました。
    
 浮世絵の色調はくすんだ淡い色調のイメージがありますが、保存状態が良いものは鮮やかで濃い色をしているのに驚きました。このシリーズで英泉が24図、広重が47図を描きました。展示の前半(日本橋側)が英泉で後半が広重ですが、英泉と広重では絵のタッチは異なります。以前の紹介文で引用した方の見解は「(英泉は)表現が硬く、洒脱を好む江戸っ子には受け入れられませんでした。」(URL下記)とのことでしたが、きたろうが見た限りではそんな傾向は感じられませんでした。むしろ、英泉のタッチの方が、曲線的で、大衆受けするような感じでした。この点を望月さんにお伺いしたところ、「木曾街道シリーズが発売され始めた頃、広重が東海道五十三次で人気急上昇になったため、英泉から広重に交代したのでは」とのことでした。
    
この木曾街道六十九次の全揃いは、世界中でも、十組と無い貴重なシリーズだそうです。
      
  
望月コレクションオーナー望月義也さん
#04望月さん.JPG
    
 展示の後半は、東海道五十三次ですが、このシリーズはあまりにも有名なので説明は割愛しますが、この中の「興津」の絵の中央辺りに、細い鉛筆で不規則に描かれたような跡が見られました。これも望月さんにお伺いしたところ「絵の汚れ」とのことでした。、東海道五十三次の中では、「由比ヶ浜」が一番人気だそうです。また、木曾街道六十九次の中では、「洗馬」が一番人気だそうです。これらの絵は、一枚で200万円位するとのことでした。(それでは、望月コレクションの総額はいくらするのでしょうか!?)
    
望月さんは、展示会場にずっと詰めていらっしゃって、入場者の質問に気軽に対応されています。私的なコレクションを、無料で公開されてる望月さんは「広重ファン」には大変有難い存在の方です、感謝申し上げます。
    
    
この展示は、17日(日曜)まで、九段生涯学習館(2F)で開催されています(入場無料)尚、開場時間を当初は、10時~PM6時(最終日はPM5時迄)とご案内しましたが、省エネのため終了時間が5時迄に変更になっていますので(最終日は4時30分迄)ご注意ください。

続きを読む(今後の望月コレクションの公開予定)


nice!(3)  コメント(2) 

きたろう散歩番外編“水道の放射能汚染と羅漢の井(Ⅱ)” [きたろう散歩]

4月2日(土)アップ
    
 栗山浄水場の水から厚生労働省が定めた乳児の暫定基準値(1キロ当たり100ベクレル)を超える180ベクレル放射性物質の放射性ヨウ素が検出されたと発表があったのは3月24日夕方で、この対策として、きたろうは羅漢の井の湧水を煮沸して、飲用することにしました(3月23日採水した水の検査結果が翌日に発表された)。3月25日、26日、28日と水汲みに行きました。3月29日千葉県水道局のHPを見ると、放射性ヨウ素の値は、8.5ベクレルまで下がっていました。それなので、水道水の飲用に戻すことにしました。また、空いたペット瓶には、水道水を詰めておきました。
 
 TV等では、原発の事故処理は膠着状態で、作業員の方の、劣悪な作業環境と、食事・睡眠環境も最低なものであるのが報道されています。この、報道に接すると、何かやりきれない思いになります。
    
 さて、羅漢の井に関し今回少し詳しく紹介致します。
#01羅漢の井全景.jpg
羅漢の井は里見公園の南東崖側に位置します。
    
3年前、市では300万円の予算で、羅漢の井の改修をしました。以前は、井戸状に石組をした所に、湧水がトヨから流れ落ちると言う簡単な仕掛けのみでした。市川市の注意書き看板は以前もありましたが、「飲用されて病気等になっても責任は負えません 犬や車を洗う事を禁ず 市川市」という、何か悪感情がこもったような過激な文面が書いてありました。
    
工事は、2008年5月に完成しました。『 完成した羅漢の井は、周囲に石垣と石畳、石製ベンチを配置。竹筒を流れ落ちた水は、石組みの浅井戸にたまる。近くには「江戸名所図会」の図柄などを掲載した案内板を設置している。』と当時の読売新聞で紹介されました。
<都市再生・景観サイト、2008年5月29日から引用>
#02羅漢の井拡大.jpg
     
#03羅漢の井説明板.jpg 
   
「江戸名所図会」に描かれた、羅漢の井の説明板(井の右側)
現在は、湧水が流れ出ている所を「羅漢の井」としていますが、本来の羅漢の井は、ここから数m上にあります。
この井戸には土が入れられ、説明板もなく捨て置かれています。
    
#04本来の羅漢の井.JPG
これを見ると、悲しい気分になります。せっかく予算をかけて改修しているのに何か中途半端な工事のやりかたのように思います。
里見公園内にある、公園の案内図は、「羅漢の井の改修工事」が反映されてなくて、工事前の状況を示したままです。
#05里見公園案内板.jpg
工事前の湧水の飲用に関する注意書きと言い、本来の井戸の工事のやり方と言い、この井戸に対して、市側の何か鬱屈した感情が感じられてならないが・・・考えすぎでしょうか?
    
#06羅漢の井案内板.JPG
この、案内板は、この井戸がある、斜面の上に設置してあります。工事前、公園側からは、本来の井戸の所までしか行けませんでしたが、工事で斜面の下・湧水が汲める所まで行き来出来るようになりました。
     
#07バーバーショップmeister.JPG
前回、羅漢の井の戦後史を教えてくださったAさん経営のバーバーショップ「meister」
(羅漢の井の坂の上約100m先、里見公園入口近くにあります)
※申し訳ありませんが、きたろうは、しばしインターネット環境から離脱致します。
本文END

続きを読む(撮影データ)


nice!(1)  コメント(0)