So-net無料ブログ作成
検索選択

きたろう散歩番外編”歌川国芳の浮世絵VS東京スカイツリー(1)(注)” [歌川国芳]

2011年2月23日アップ(4月25日一部改訂)
2月22日の朝、日テレを見ていたら新聞記事の紹介コーナーで「歌川国芳の浮世絵で現在の東京スカイツリーの方向を描いた風景画があるが、丁度現在の東京スカイツリーの位置に高い塔が描かれているものがある」という記事を紹介していました。これは、興味ある話だと思いましたが、何新聞の記事かは聞き逃したので、紹介していた絵が何であるかネットで調べた所、歌川国芳の「東都 三ツ股の図」という絵であることが分かりました。
#01浮世絵・国芳・三つ股・東京スカイツリー.jpg
※絵をクリックすると拡大表示出来ます。(他の、図・写真も同様)
画面左手に二つの塔が並んで立っており、一つは火の見櫓であるが、その右横に火の見櫓の倍の高さもある櫓状の塔が描かれていました。記事紹介の番組では、井戸堀の為の櫓という説もあると紹介されていました。この辺りの景色は、広重も描いており名所江戸百景シリーズの中にも「みつまたわかれの淵」という題のものがあります。朝の時点では、これ以上の情報はありませんでした。
午前中、都内で所用があり、それを済ましてから所用先の近くの図書館でその記事を探したところ「東京新聞」の記事であることがわかりました。
東京新聞 2011年2月22日(朝刊)
#02東京新聞国芳浮世絵東京スカイツリー記事.jpg
歌川国芳 東都 三ツ股の図
#03東京新聞国芳浮世絵.jpg
<新聞記事抜粋>
 江戸時代の浮世絵師が「東京スカイツリ一を予知していた・・・かどうかは分からないが 驚くことに、来春開業の電波塔にそっくりの”謎の塔”が 隅田川を描いた風景画に残されていた。作者は、大胆な構図や奇抜な発想で人気の浮世絵師歌川国芳(一七九七~一八六一年)。百八十年前の空の下にそそリ立つ尖塔のミステリーを追った。
 
(川崎支局・酒井博章、中山洋子)
        
「数年前に作品を入手していたときは気にとめなかつたんです。でも今年一月、久しぶりに桐箱から取り出してみると「東京スカイツリー」にしか見えない塔が描かれていた。びっくりですよ」そう話すのは 浮世絵の中にスカイツリーを”発見”した収集家で川崎市で私設美術館「川崎・砂子の里資料館」を営む斎藤文夫氏(82)らだ。国芳の没後百五十年になる三月に企画展を予定していて、その準備中にピンときてしまったという。 注目の作品は、一八三一(天保二年)ごろに描かれた「東都三ツ股の図」。 
   
隅田川の中州から深川方面を眺望する構図で手前の中州では船底を焼く様子が描かれ、右手に永代橋、その奥には無数の千石船が係留された佃島が見える。対岸の左手で小名木川とみられる支流には橋がかかる。その橋のたもとにそびえる二塔のうち、低い方は火の見櫓だが、右側のさらに高い塔が「スカイツリー」にそっくりなのだ。斎藤氏は「国芳は、スカイツリーの登場を予言してたんでしようかと面白がるが、本当は何なのか。
<以下略>
※上記の東京新聞の記事で省略した部分は、<続きを読む>に、掲載します。
        
 図書館で情報を入手後、駅で東京新聞を購入し、この絵が描かれた場所に向いました。隅田川の三ツ股は現在は埋め立てられて同じ場所を撮影することは不可能ですが、この絵と似たような景色が撮影出来る場所を探しました。そこは、意外にも永代橋・西詰上流側のミニ公園のようになっている場所でした。
        
左:東京スカイツリー、右:永代橋(永代橋西詰から撮影)、パノラマ合成写真
#04永代橋西詰からパノラマ.jpg
        
東京スカイツリーをやや拡大
#05永代橋西詰から東京スカイツリーを望む.jpg
※手前の船は、産業廃棄物運搬のハシケ(帰り船)
        
帰り道の錦糸町駅構内から見た東京スカイツリー。
#06錦糸町駅構内から東京スカイツリーを望む.jpg
        
国芳の描いた塔に関し、この辺りの地下水は塩分を含んでいるので井戸掘りのための櫓では無いとする説もありますが、きたろうはやはり井戸掘りのための櫓説を支持します。浅い井戸では、塩分が混じるので深い井戸を掘ろうとするが故に、このような高い櫓が必要だったのだと思います。
                
注:続編(2)(3)が出来ましたので、本編を(1)としました。
本文END

続きを読む[撮影データ&東京新聞の記事(本文で省略した部分)]


nice!(3)  コメント(10) 

きたろう散歩番外編“ダイヤモンド富士の撮影(平成23年・春№3)” [ダイヤモンド富士]

平成23年(2011)2月5日~2月10日の”ダイヤモンド富士の追っかけ”日記
 
       
<2月5日>
 2月5日は、市川駅前にあるタワービルの45階の屋上の展望施設からダイヤモンド富士が観測出来るということで期待していた。しかし、残念ながら、この日は午後は曇りの予想でダイヤモンド富士の撮影はあきらめていました。16時40分頃、念のため展望施設の入り口(ペデストリアンデッキ)まで行きましたが、やはり完璧な曇りで、展望施設へ登るのは断念しました。ペデストリアンデッキはタワービルの3階に相当し、ここからも富士山は見えるので、その方向に向けて撮った写真です。
        
        
市川駅前・ペデストリアンデッキから富士山の見える方向を望む
2月5日16時53分18秒
#01H230205市川駅前デッキ部から1653.JPG
 富士山は、画面中央に見えるはずですが、全く見えません。ここから、たった9km先にある東京スカイツリーでさえぼや~んとしか見えません(画面右の鉄塔に重なっている)。後日知ったのですが、この日は、展望施設にNHKの番組「あさイチ」が、ダイヤモンド富士の取材に来ていたとのことでした。(面倒がらず上まで行けばよかった・・・)
         
※市川駅前タワービルの展望施設は、150mからの眺望が得られます(無料)。
        
<2月7日>
 この日の日照は良く、ダイヤモンド富士に期待が持てました。西の空に雲があり気になりながら江戸川の土手に出た所、案の定、東京・神奈川方向の地平線上空に雲がありました。
        
地平線上の雲に太陽が隠れるところ。(これ以降、富士山も太陽も全く見えませんでした。)
葛南工業用水道取水場先江戸川堤防上から/2月7日16時52分31秒
#02H230207工業用水取水場からア1652.jpg
2月7日の撮影場所
この場所に、きたろう以外のカメラマンは居ませんでした。
#03H230207工業用水取水場からイ1651.jpg
        
<2月8日>
 朝から曇っていたし、予報上も午後は曇りでダイヤモンド富士は諦めていました。日課のスポーツジムへ行く途中、ところどころ雲が切れて来て、太陽や、青空が顔を出すようになって来ました。ジムは風呂だけ入って、すぐ江戸川に向かいました。しかし、残念ながら太陽は、見えませんでした。
       
厚い雲が太陽を遮っていましたが、一時的に雲の隙間から太陽の光が見えました。しかし、これ以降は、光は全く見えなくなりました。
市川市消防局消防訓練場から/2月8日16時59分37秒
<<写真04>>
#04H230208市川市消防訓練場からア1659.jpg
2月8日の撮影場所
#05H230208市川市消防訓練場からイ1706.jpg
この付近に、同好のカメラマンは見当たりませんでした。
        
<2月9日>
 本日は、天気が良く雲も見当たらないので期待しながら、現地に車で向かいました。下見をしていなかったので、途中、“通り抜け困難”の道にはまりこんだり、駐車場所探しに時間がかかったりで、目的の場所には日没ぎりぎりの到着になってしまいました
 本日は、情報によると、地下鉄東西線が江戸川を渡る鉄橋付近(=江戸川放水路水管橋)からダイヤモンド富士が見られるはずです。しかし、この位置だと、対岸の建物が高く富士山が見えそうにもないので、堤防沿いに富士山が見えそうな位置まで南に350m程移動して日没までしばし待機していました。
        
2月9日 17時5分・・・いよいよダイヤモンド富士の開演か?
#06H230209市川市クリーンセンター600m北170525.jpg
一寸待て、ここでも富士山が見えないのでは?
と言うことで、建物が低い所を探し、あわててさらに南に移動しました。日没寸前での撮影場所の移動ということで、「走れ メロス」の物語の一節を思い出しました。何とか、建物が低い所を見つけ、すぐシャッターを切りました。既に、ダイヤモンド富士は始まっているようでした。
           
市川市クリーンセンター北400m・江戸川堤防上から/17時8分04秒
#07H230209市川市クリーンセンター北400mア170804.jpg
同/17時8分26秒
#08H230209市川市クリーンセンター北400mイ170826.jpg
せっかく天候は良かったのに、ダイヤモンド富士の最適場所から南に約700mも移動してしまったので、太陽は、富士山の大分左の方に沈んでいきました。
        
17時9分17秒
#09H230209市川市クリーンセンター北400mウ170917.jpg
17時10分03秒
#10H230209市川市クリーンセンター北400mエ171003.jpg
この日は、天候の条件が良かっただけに、撮影場所に関しては一寸残念でした。
初めての場所での、ぶっつけ本番は“ダメ”下見が必要ということを痛感しました。
         
撮影場所・・・結局、最初に予定した位置から、700m位南で撮影していました。
       (市川クリーンセンター北400m)
#11H230209市川市クリーンセンター北400mオ171224.jpg
撮影場所は、海から江戸川沿いに1.25kmの地点になります。
この付近に、カメラマンらしき人は居ませんでした。
        
この位置からだと、ダイヤモンド富士が見られるのは、2月10日と予想されました。
来年、この場所には2月10日時間に余裕を持って来たいと思いました。
        
<2月10日>
 この日は、朝から日照が無く、予報もかんばしくないので完全にダイヤモンド富士の撮影はあきらめていました。PCをやりながら、テレビをかけていると、NHK「あさイチ」で、都内から富士山が見えるスポット紹介的なものをやっていました。そのうち、な・なんと”市川アイリンクタウンの展望施設”が紹介されていました。それも、ここから、ダイヤモンド富士を撮影しようとしている方達の取材を行っていました。(取材日・・・2月5日)しかし、前述のとおり、この日、ダイヤモンド富士は見られませんでした。
        
NHK総合「あさイチ」番組より/2月10日8時21分放送
#12H230210NHKTVあさイチ(アイリンクタウンからのダイヤモンド富士).jpg
 また、ダイヤモンド富士のブログをいろいろ見ていたら、このとき取材を受けたという方のブログにも遭遇しました。(”谷津干潟 セイタカシギの子育て日記”というタイトルのブログ)
 この日の天気予報では、10日夜から、11日、12日とみぞれや雪になるとのことで、平成23年春の江戸川沿いのダイヤモンド富士の追っかけは、以上で終了としました。
本文END
            
          
<2月9日撮影場所・補足>
本文では、市川クリーンセンター北400mと紹介しましたが場所が判りにくいと思われます。撮影場所(堤防の上)の東側の道路沿いに「新川運輸㈱江戸川(営)(トラックの駐車場)」またはその南隣の「多数庭木ある一般民家(?)(市川市高谷1966)」がありますので、これが目印になります。但し、この道路と、堤防の間には堀があるので、この道路から直接上の堤防へは上がれませんので、ご注意ください。
END
#00マヤマヤ・コメント本番.jpg

きたろう散歩番外編“ダイヤモンド富士の撮影(平成23年・春№2)” [ダイヤモンド富士]

平成23年(2011)2月4日
前回(1月31日)は、寒かったのですが空気はクリアーでダイヤモンド富士がきれいに見えました。昨日(2月3日)は寒さがゆるみ、空気はもやっとしていて日没まで太陽は観測出来ましたが、輝きが弱くダイヤモンド富士とは言い難い状況でした(写真#00)。
#00ダイヤモンド富士(国府台2-2-1先より).JPG
※写真上をクリックすると、拡大表示できます。(他の写真も同様)
        
 今日、ダイヤモンド富士が観測出来る地点は、情報によれば京成線が江戸川に架かる鉄橋辺りになりますが、この位置からだと、富士山は京成線の江戸川橋梁で塞がれるので結局、昨日とほぼ同じ場所から撮影することにしました(写真#02)。
※2月4日撮影地点・・・市川市国府台2-2-1と市川市市川4丁目の境・江戸川堤防上
       
 午後4時44分頃、太陽が丁度東京スカイツリーの上部に来た時の写真が#01です。スカイツリーをろうそくに見立てると、スカイツリー・キャンドルが出来ました。
#01東京スカイツリーキャンドル(国府台の台).jpg
        
 さらに、日没まで待機していましたが、暖かく(10℃?)風がほとんど無く楽でした。昨日は、京成線鉄橋からここまで、カメラマンが30名程居ましたが、今日は、空気のクリアー度のせいか、撮影を断念した方も居ると思われ人数は半分もいませんでした。
#02東京スカイツリーキャンドル(撮影地点)pano.jpg
        
 午後5時1分頃富士山のお鉢の右寄りに太陽が沈みはじめました(写真#03)。これは、情報と撮影位置からして想定内のことでした。続けて写真を撮って行くうちに「おやっと」思いました。太陽が、富士山の右側を、斜め右にスライドするように沈んで行きました。(写真#04~08)
#03コロコロ富士170058.jpg
#04コロコロ富士170147.jpg
#05コロコロ富士170215.jpg
#06コロコロ富士170329.jpg
#07ロコロ富士170412.jpg
#08コロコロ富士170518.jpg
※写真#03~08を連続的に再生すると、コロコロ富士の動きが良く分かります。
         
 これは、想定外の太陽の動きでしたが、これがコロコロ富士か!と合点がいきました。空気がクリアーであれば、17時3分頃ダイヤモンド富士が輝いたはずですが(写真#06~07)、今日は残念な結果でした。しかし、スカイツリー・キャンドルとコロコロ富士が収穫でした。
本文END

<<撮影データ等>>


きたろう散歩番外編”ダイヤモンド富士の撮影(平成23年春№1)”(注) [ダイヤモンド富士]

昨年の11月に引き続き、ダイヤモンド富士撮影記を掲載致します。
     
平成23年1月31日(月)
 前回と同様、ネットの情報から、江戸川沿いであれば、本日は矢切りの渡し近辺でダイヤモンド富士が見られるということで現地に車で向かいました。最近、矢切りの渡しの所に小さいながら駐車場が出来たので時間までそこで待機していました。土手に上がると、ダイヤモンド富士の同好の方とおぼしきカメラマンが連れの方も含め13名程カメラを構えていました。
 撮影ポイントは、富士山がビル等に遮られないところとして、矢切りの渡しの上流約60mの地点を選びました。この付近では、バリアフリー坂路等の工事をしており、工事現場の遮蔽に金網が設置されているので、その金網の間に、望遠レンズを突っ込んで、構えて時間まで待ちました。(写真#02(注))
 ネットの情報では、16時52分頃見られるはずですが、その時間では見られず、16時56分頃から富士山頂に太陽が沈みはじめ、16時57分頃ダイヤモンド富士の状態が出現しました。太陽は、富士山頂のやや右寄りの所に沈んで行きました。(写真 #00、#01) (注)
#00ダイヤモンド富士・矢切りの渡し(#投稿用).jpg
     
#01ダイヤモンド富士・矢切りの渡しH23.1.31.jpg
     
 今日は、富士山ははっきり見え、雲もなく絶好の撮影日和でした。大変寒いのですが(5度以下?)風がほとんど無く助かりました。
      
#02ダイヤモンド富士矢切りの渡し撮影地点.jpg
     
以下、蛇足ながら、矢切りの渡し近辺の写真を掲載いたします(翌日AM撮影)
     
矢切りの渡し近辺で、堤防土手にバリアフリー坂路の設置、階段の改良工事、矢切りの渡しへの通路の整備等行っていました。階段の下に、工事の案内看板があり、それによると、松戸市が施工主ですが、バリアフリー坂路は東京側でも行っていますので、国も金を出していると思われます。
     
#03矢切りの渡し(工事の看板).jpg
     
矢切りの渡しは、土、日、祝日に運航しています。(3月12日(土)より毎日運航の予定です。)料金は、片道、大人100円、子供50円です。
     
#04矢切りの渡し乗船口(松戸側).jpg
     
#05矢切りの渡し(説明板).jpg
     
矢切りの渡しの碑・・・細川たかし識と刻んであるので、この文字は細川たかし本人が書いたものと思われます。
     
#06矢切りの渡しの碑(細川たかし).jpg
   
「手打そば日曜庵」の看板。「営業日 金土日祝 03-5668-0084 帝釈天そば」と書いてあります。これを撮影したのは火曜日ですので、お店やお蕎麦がどんな感じかは全く不明です。
     
#07矢切りの渡し(手打ち蕎麦看板).jpg
     
(推定ばかりの感想で済みません)
(2011/02/02アップ)
本文END
(注)タイトル一部変更(2011/02/19)/変更前(平成23年1月)→変更後(平成23年春№1)

続きを読む


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。