So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

杏里さん2016大宮公演ライブ・レポート(セット・リスト完全再現)後編 [ライブ・レポート]

取材日、2016/08/06 SAT.

杏里さんの2016年夏のツアーライブ大宮公演レポート、前編に引き続き、後編を報告致します。
後編のレポートに行く前に、いづみストリングス以外のバックバンド メンバーの紹介を致します。

#09、バックバンド・メンバー紹介(いづみストリングス除く)
%09杏里大宮バックバンド.jpg
※上記の配置は、実際のステージ上のメンバーの配置とほぼ同じです。
 各メンバーの画像は、ネット上から転載しました(引用元は、末尾に記載します)。

#10、杏里さん+SHIKATAさんのデュrット
%10杏里20160804中野サンプラザステージ本番.jpg
●12曲目「B with U」杏里さんとSHIKATAさんのデュエット曲
杏里さんからこの曲について「歌って欲しいというリクエストが、多かった曲です」と紹介があった。次いで、デュエットのお相手のSHIKATAさんをステージ上に呼び寄せ、SHIKATAさんにインタビューをおこないました。
SHIKATAさん談「杏里さんは、以前から大好きで、カラオケで、杏里さんの曲は良く歌っていました」とのことでした。

曲は、壮大なバラードで、杏里さんとSHIKATAさんは、声の質が似ていて、デュエットでは、二人の声が良い具合に溶け合って、心地よく響きました。
※この曲については、音源及び歌詞のサイトへのリンクはありません。

#11、「WHO KNOWS MY LONELINESS?」を歌う杏里さん
%11杏里・大宮20160809_130141_0.png
●13曲目「WHO KNOWS MY LONELINESS?」・・・バスターミナルでの別れの歌ですが、メロディは物憂げでゆったりした曲調。
♪~「WHO KNOWS MY LONELINESS?」の歌いだし・・・始発のバスを待つ朝焼けのステイション 重たい鞄に夢のかけらを閉じ込めて・・・
❖「WHO KNOWS MY LONELINESS?」歌詞掲載サイト・・・
https://www.joysound.com/web/search/song/38491
●杏里さんが2コーラス歌ったあと、後奏部は、コーラス(岡野 やすこさん、VahoEさん)にバトンタッチし、杏里さんは2回目の着替えのため、退場しました。ジャズのスキャット風に、岡野さんとVahoEさんがかけあいで歌いました。曲の終盤で、VahoEさんは、迫力のある、超ロング・トーンでステージを盛り上げました。

#12、三番目の軽快な衣装で「MYSTERY ZONE」を歌い、踊る杏里さん
%12杏里・大宮20160809_134538_#本番.jpg
※画像は、中野サンプラザ公演での画像ですが、大宮ソニックシティ公演も同衣装でした。

杏里さん、衣装変えて再登場。上は、紫地にピンクの花柄の衣装、下は、ジーンズ。曲は、アップテンポの軽快な曲。ファンは再び立ち上がって手拍子を取りました。杏里さん、間奏では、軽快なダンスを披露。

●14曲目「MYSTERY ZONE」
♪~MYSTERY ZONE歌いだし・・・甘く漂うGaramの香りがまどろみをゆるく揺らす 零時以前の記憶はひとつもないけど香りだけやけにせつない・・・・
❖MYSTERY ZONE歌掲載サイト・・・https://www.joysound.com/web/search/song/215911

●15曲目「Grooving Life」
続いて、ニューアルバムからの曲。ドラムがタンタンタンとリズムを刻み曲が始まりました。タイトルどおり乗りの良い曲。会場内はどんどん盛り上がって来ました。
♪~Grooving Life歌いだし・・・あなたの手の中にすべてがある いつも Believe It 扉はそこにある あなたの目の前に・・・
❖Grooving Life歌詞掲載サイト・・・http://www.evesta.jp/lyric/artists/a7418/lyrics/l225622.html

#13、歌って、踊る杏里さん
%13杏里・大宮20160809_134714_0本番.jpg
※画像は、中野サンプラザ公演での画像ですが、大宮ソニックシティ公演も同衣装でした。

●16曲目「悲しみがとまらない」
、オリジナルとほとんど同じ前奏はなので、曲が始まると同時に、観客は総立ち状態になり最高潮の盛り上がりになりました。
終盤、杏里さんが、観客も一緒に歌うように促す場面もありました。
♪~「悲しみがとまらない」歌いだし・・・I Can't Stop The Loneliness こらえ切れず 悲しみがとまらない・・・
♫~「悲しみがとまらない」CD音源

❖「悲しみがとまらない」歌掲載サイト・・・https://www.joysound.com/web/search/song/2082

●17曲目「「CAT'S EYE」」
前曲の盛り上がりのまま、再び、ドラムが、タンタンタン・・・とリズムを刻んだ後、おなじみのヒットナンバーになだれ込んで行きました。曲の中盤で、杏里さんもテンションが上がり、ステージの一段上がって、歌い踊りました。
♪~「CAT'S EYE」歌いだし・・・都会(まち)はきらめく passion fruit ウインクしている everynight・・・
♫~「CAT'S EYE」CD音源

❖「CAT'S EYE」歌詞掲載サイト・・・https://www.joysound.com/web/search/song/113690

●杏里さんハプニング
CAT'S EYEが終わった後、曲の途中で上がった台から杏里さん降りられなくなって、VahoEさんにアシストしてもらって降りるというおちゃめな面も楽しませてもらいました。
その後長めのトーク後、今日の最後の曲ということで、「夏の月」を紹介しました。

❖18曲目「夏の月」・・・恋の終わりの予感のもやもや感とあらたな道への希望を歌った。              
♪~「夏の月」歌いだし・・・本を読んでも 眠れない夜 あなたの背中見てた 重い硝子の窓を開けたら気持のいい風が吹いてた・・・
♬~「夏の月」YOU TUBE 動画URL・・・https://youtu.be/_sA3Nqu4P0Y   
※動画備考・・・「夏の月」を
二胡の伴奏で歌っている珍しい動画です(二胡演奏はジャー・パンファンさん)
❖「夏の月」歌詞掲載サイト・・・https://www.joysound.com/web/search/song/17818

●「夏の月」杏里さんの、しっとりした歌声に、観客は、しずかに聴きいっていました。曲が終わり、杏里さんは「どうもありがとう」と一言挨拶して、ステージをから去りました。ついで、バンドメンバーも退場しました。

曲が終わった時の拍手は、だんだん、アンコールを求める拍手になっていきました。この、会場内の一体感は、なんとも言えないですね!!

#14、アンコールの拍手に応え登場した杏里さん
%14杏里20160804中野サンプラザステージ本番2.jpg


アンコールで登場した杏里さんの衣装は上は2016ツアー・ライブのグッズのTシャツで、下はパンツ・スタイルでした。
※杏里さんのバック(暗くて分かりにくいが)はベース・小松 秀行さんと岡野 やすこさん。

●19曲目「HAPPY BIRTHDAY TO ME」
アンコール1曲目は、ノリの良いHAPPY BIRTHDAY TO MEでした。     
♪~「HAPPY BIRTHDAY TO ME」歌いだし・・・夏休みの終わるその日また一つ大人になって 少しずつ近づく夢の設計図描いた・・・・
♬~「HAPPY BIRTHDAY TO ME」YOU TUBE動画URL・・・https://youtu.be/lJa8LQ4qdzY
※注)本動画は、アマチュアバンドのライブ映像です。
(杏里さん、ご本人は歌っていません)
❖「HAPPY BIRTHDAY TO ME」歌詞掲載サイト・・・
https://www.joysound.com/web/search/song/77647

●「HAPPY BIRTHDAY TO ME」が終わって、デビュー38年間、変わらぬ応援をしてくれたファンへの謝意を表明し、今後も歌手歌手活動を続けるので今後とも宜しくという挨拶がありました。

●20曲目「オリビアを聴きながら」
大トリは、お約束のオリビアを聴きながらでした。最初ヴァイオリンが二胡の様な音色で演奏を始めたので、なんの曲だろうと思っていたら、ピアノでオリビアの前奏がはじまり、「ああ~公演も終わりだな~~」と思いました。
♪~「オリビアを聴きながら」歌いだし・・・お気に入りの歌一人聴いてみるの オリビアは淋しい心なぐさめてくれるから・・・
♫~「オリビアを聴きながら」CD音源

♫~「オリビアを聴きながら」YOU TUBE動画URL・・・
https://youtu.be/UpvLmq6V3io
※本動画に、大宮公演と同じ、SAXのアナクレードさん、ヴォーカルのVahoEさんが出演しています。
❖「オリビアを聴きながら」歌詞掲載サイト・・・https://www.joysound.com/web/search/song/2548
●21曲目「GOOD-NIGHT FOR YOU」
「オリビアを聴きながら」に続けて、エンディングの曲「GOOD-NIGHT FOR YOU」が演奏されました。
♪~「GOOD-NIGHT FOR YOU」歌いだし・・・Oh my darling 都会(まち)も眠っている Sunday night 一人で My darling あなたのことを 想うのよ
♬「GOOD-NIGHT FOR YOU」YOU TUBE 動画URL・・・https://youtu.be/5zJDb142Qc0
※本動画は、静止画+音源です。
❖「GOOD-NIGHT FOR YOU」歌詞掲載サイト・・・
https://www.joysound.com/web/search/song/22699
●「GOOD-NIGHT FOR YOU」で、
歌の部分が終わり、後奏に入って、杏里さんからメンバー紹介が行われました。
最後、全員で横に一列に並び客席に一礼して、約2時間10分のステージは終了しました。

#15、バックバンド・メンバー記念撮影
%15杏里・大宮20160810_111155_0 本番.jpg

※SHIKTAさんのブログから転載、本写真は公演当日の14時27分にアップされたものなので、当日のリハーサル時に撮影されたものと思われます。

#16、大宮ソニックシティ・ロビー
%16杏里・大宮20160806_202346_0本番.jpg
杏里さんの、CDや、2016ツアーライブのグッズの販売が行われていました。
きたろうは、ライブやコンサートで、すくなくとも会場の外観、演奏前のホール内やステージの写真は撮るのですが、この日は、舞い上がって撮影を忘れました。
この、終演後のロビーの写真が、唯一のオリジナル写真になってしまいました。

公演を終えて、心満たされ、大満足で帰路につきました。
END

写真#10、バック・バンド メンバー 画像の引用元URL
❖キーボード:松ヶ下 宏之さん画像・・・岡野やすこさんのブログより
❖VahoEさん画像
http://blogimg.goo.ne.jp/user_image/43/ac/d39818f6c10cfa329e116e5851a4c26c.jpg
❖岡野 やすこさん画像
http://livedoor.blogimg.jp/yacco00/imgs/4/f/4f4176f5.jpg
❖ベース:小松 秀行さん画像
http://mikiki.tokyo.jp/mwimgs/0/4/450/img_045faf333b72d9db17af11835777fa5d137906.jpg
❖ギター:植田 浩二さん画像
http://www.g-works.gr.jp/IMG/TOPICS/2001sum_03.jpg
❖ドラムス:波多江 健さん画像
http://yamahaartblog.lekumo.biz/backstage/images/2009/12/08/photo_5.jpg
❖グスターヴォ・アナクレートさん画像
http://livedoor.blogimg.jp/melody1964/imgs/9/9/9972c7d8.jpg
nice!(26)  コメント(6) 

杏里さん2016大宮公演ライブ・レポート(セット・リスト完全再現)前編 [ライブ・レポート]

取材日、2016/08/06 SAT.

杏里さんの2016年夏のツアーライブ(ANRI TOUR LIVE 2016)は8月30日名古屋日本特殊陶業市民会館での公演をもって全公演を無事終了しました。 

#00、タイトル画像
※労音ホームぺージの画像を転載&レタッチ

このツアーは、6月6日大阪・オリックス劇場を皮切りに、8都市9会場で行われました(プラス茨城・栃木でホテル・ディナー・ライブも有り)。
きたろうは、7月2日(土)習志野文化ホールと8月6日(土)大宮ソニックシティの公演に行きました。それから、約一カ月経過しましたが、杏里さんのツアーライブは8月30日名古屋日本特殊陶業市民会館の公演をもって全公演が終了し、セットリストの公開も可能となったので、大宮ソニックシティでのライブレポートをアップします。
#01、大宮駅前8月6日17時15分頃(開演45分前)。
%01杏里・大宮20160810_1844.jpg
日差しは陰りましたが、蒸し暑いです。

#02、大宮ソニックシティ外観
%02杏里・大宮.jpg
大宮ソニックシティの外観を撮り忘れたので、ネットから転載しました。

#03、大宮ソニックシティ・大ホール
%03杏里・大宮.jpg
大宮ソニックシティ・施設ガイドより転載(二階席から、ステージを望む)。
きたろうは、こビュー・ポイントより、右方、中央寄りの座席でした。

#04、大宮ソニックシティ・大ホール
%04杏里・大宮20160809_162628_0.jpg
※写真は、杏里さんとデユエットで出演したSHIKATAさんのブログ(2016年8月6日14時27分アップ)より転載。

#05、オープニング時のステージ
%05習志野文化ホール7月2日B6.jpg
いよいよ開演です、ステージが青い照明の下、波の音が流れバックバンドがスタンバイし前奏が始まりました。

以下、曲毎に、CD音源、YOU TUBE動画または「イベスタ歌詞検索」サイト等にリンクします。ブログ上での疑似ライブをお楽しみください。

♬~音源・・・波の音

注)オープニング時のステージの画像は、習志野文化ホールのTVモニターの画像です。ステージ上にある、台の構成は、習志野もの大宮も同じでした。

#06、杏里さん登場!!会場のファンは、立ち上がり、拍手と歓声で杏里さんを迎えました。
%06杏里・大宮B.jpg
注)本写真は、ネット上の画像素材を合成し、服装はほぼ再現されましたが、髪型は異なります。
●オープニングの曲は、杏里さんのスタンダードナンバー「最後のサーフホリデー」です。
♬~1曲目「最後のサーフホリデー」CD音源

●続いて「2曲目:CAFE 25 VINGT CINQ」・・・「女子のみでパーティーに参加したら」のような、ややコミカルな曲。1曲目のノリのまま観客は手拍子。
❖2曲目CAFE 25 VINGT CINQ歌詞掲載サイトのURL
https://www.joysound.com/web/search/song/215875

この曲「CAFE 25 VINGT CINQ」終了後、杏里さんの挨拶「2016杏里ライブツアーにようこそ、次に(8月3日)新発売のアルバムからの新曲を歌いますが、懐かしい曲もたっぷり歌いますので、お楽しみ下さい・・・」 

●3曲目「Eyes on Me」(新曲)※スローテンポ、ムーディーな曲
❖3曲目Eyes on Me歌詞掲載サイトのURL
http://www.evesta.jp/lyric/artists/a7418/lyrics/l225628.html

●4曲目「lnTears」(新曲)・・・失恋の女心を歌った。サビの部分の歌詞・メロディとも心に染みます。とても良い曲です。第2の「オリビア」に化けるか?
❖4曲目lnTears歌詞掲載サイトのURL
http://www.evesta.jp/lyric/artists/a7418/lyrics/l225627.html

●5曲目「Summer Candles」・・・
ピアノ(キーボード)伴奏のみで歌いました。杏里さんが都会での一人暮らしを始めた頃の想いや恋愛のことを曲にしたとのこと。
♬~5曲目「Summer Candles」CD音源


●6曲目「缶ビールとデニムシャツ」・・・都会的で大人のサウンド(作詞・作曲 杏里)
♬~6曲目「缶ビールとデニムシャツ」動画(但し、アマチュアバンドのライブ映像)
https://youtu.be/Na6RbWYrt1Q

曲途中で、杏里さんは着替えのため退場(演奏は続く)
この間に、いづみストリングス(1stバイオリン、2nd バイオリン、ビオラ、チェロ)の女性4人がステージ右の上の方にスタンバイしました。
※写真#05のサックスの後方の台上にスタンバイ

●7曲目「All of You」・・・杏里さん再登場まで、ピアノとストリングスのみで演奏。ムームーのようなロングドレスに着替えて登場。この曲は、女性への人生の応援ソング的な歌。曲は、淡々としているが、自立しようとしている女性の内面の心の力強さが伝わってくるような曲です。

#07、杏里さん、第2の衣装で登場
%07杏里・大宮20160809_134358_0B.jpg
※本写真は、8月4日中野サンプラザでの画像ですが、大宮ソニックシティでの衣装も同じでした。

♬~All of You【YOU TUBE上への音源(+静止画)にリンク)】 
https://youtu.be/5ZY7Rp3C4qc

#08、曲終了後、いづみストリングスメンバー4名とギターとキーボードの演奏者の紹介がありました。
%08メンバー紹介C.jpg
上段左より、1stヴァイオリン:武内いづみさん、2ndヴァイオリン:天野 恵さん、ビオラ:糸永 えりさん、チェロ:佐野 まゆみさん。
下段左より、ギターの植田 浩二さん、ピアノ(キーボード):松ヶ下 宏之さん。
※写真は「SHIKATAさんのブログ2016年8月6日14時27分アップ」より転載・レタッチ

●8曲目「YOU ARE NOT ALONE」・・・ピアノとストリングスをバックにしっとりと歌いあげました。
♬~YOU ARE NOT ALONE【YOU TUBE上への音源(+静止画)にリンク)】 
https://www.youtube.com/watch?v=WyCJkTBmtrQ

●9曲目「I Can't Ever Change Your Love For Me」・・・しっとりとした曲調。ツアーでストリングスを入れたのは、今回が初めて。バラード調の歌のバックに、ストリングスのサウンドは効果的でした。
♬~I Can't Ever Change Your Love For Me【YOU TUBE上への音源(+静止画)にリンク)】 
https://www.youtube.com/watch?v=Y1GUBhi6_Bg

●10曲目「ラストラブ」・・・冒頭若干波の音が入る。プロポーズを受けて、何故か揺れる心。聞いていると映画の一シーンが浮かぶような歌です。

♬~10曲目「ラストラブ」CD音源


●11曲目「砂浜」
再び、冒頭波の音。歌詞は寂しい心を唄っているが、曲調はサバサバしている。
♬~11曲目「砂浜CD」音源

しっとりととしたバラード調の曲は、この曲で終了。
次に、リクエストが多かったという、「BwithU」のデュエットのため、SHIKATAさんが登場            
<以下、次回に続く>
※本記事作成にあたり、杏里さんのファンサイト「FM ANRI Station」さんには、いろいろお世話になりました。感謝申し上げます。


nice!(32)  コメント(2) 

TV番組再録「ガイヤの夜明け・ホンダ歩行アシストの開発」(その3) [TV番組]

TV番組・・ガイヤの夜明け、2016年7月26日放送分(自分の力で歩きたい・・・歩行アシスト開発編)
(前回「その2」からの続きです)

以下、音声ファイル(3)次いで音声ファイル(4)を再生しながら、静止画を順次見て行けば、紙芝居の要領で、番組内容が理解出来ると思います。

##音声ファイル(3)5分19秒・・・画像は、#080~#117に対応

##音声ファイル(4)(エンディング)0分37秒・・・画像は、#118~#125に対応
※音声ファイル(4)の「操作ボタン」は、画像№117の次に設置します。

#080、7月上旬、北海道・帯広市
$ホンダ歩行アシスト080.jpg


#081、歩行アシスト開発の責任者・伊藤さんの姿がありました
$ホンダ歩行アシスト081.jpg


#082、この日やって来たのは、十勝リハビリテーションセンター
$ホンダ歩行アシスト082.jpg


#083、伊藤さんは、子供用の開発を手掛けながら、大人用の営業活動をしています
$ホンダ歩行アシスト083.jpg


#084、この日は、センターで働く若手療法師が50人以上集まりました
$ホンダ歩行アシスト084.jpg


#085、伊藤さん・・・歩行アシストをプロジェクターを使って説明
$ホンダ歩行アシスト085.jpg


#086、及び、現物を呈示しながら、歩行アシストの機構を説明
$ホンダ歩行アシスト086.jpg


#087、リハビリの現場を大きく変える可能性を秘めた製品に→
$ホンダ歩行アシスト087.jpg


#088、→療法師達も興味しんしんです
$ホンダ歩行アシスト088.jpg


#089、続いて、歩行アシストを実際に着けて試してもらいます
$ホンダ歩行アシスト089.jpg


#090、療法師:「メチャ・メチャ、足があがる・・・」
$ホンダ歩行アシスト090.jpg


#091、タブレットで操作ができる便利さもウケマシタ
$ホンダ歩行アシスト091.jpg


#092、療法師:「素早く着けられて、評価出来て、治療ができるというのは、ホンダ歩行アシストは凄いメリットかと思います」
$ホンダ歩行アシスト092.jpg


#093、療法師一同:「オー!」という感嘆の声
$ホンダ歩行アシスト093.jpg
伊藤さん、子供用の歩行アシストの開発を進めるためにも、まずは、大人用を成功させなければなりません

#094、7月中旬・京都
$ホンダ歩行アシスト094.jpg


#095、龍之介君が、歩行アシストを使って、2週間訓練した結果を確かめる日がやってきました
$ホンダ歩行アシスト095.jpg


#096、龍之介君は毎日欠かさず、歩行訓練を続けていました
$ホンダ歩行アシスト096.jpg


#097、伊藤さんが特に確かめたかったのは、壁の横歩きです
$ホンダ歩行アシスト097.jpg


#098、見守るお母さん
$ホンダ歩行アシスト098.jpg


#099、以前はすぐにしゃがみこんでいたのですが、この日は、歩き続けています
$ホンダ歩行アシスト099.jpg
なんと、一度もしゃがまずに、壁の端まで行くことが出来ました

#100、訓練前と比べて見ると、左足が、より動く様になり、歩くスピードも早くなっています
$ホンダ歩行アシスト100.jpg


#101、この結果に伊藤さんは・・・
$ホンダ歩行アシスト101.jpg


#102、伊藤さん:「スゴイですね!ズット左まで移動できていますね・・・」
$ホンダ歩行アシスト102.jpg


#103、龍之介君:「足が出るようになった」
$ホンダ歩行アシスト103.jpg
効果を、実感したようです

#104、龍之介君の努力もあり、子供用歩行アシストは実用化に向け一歩前へ踏み出しました
$ホンダ歩行アシスト104.jpg


#105、伊藤さん:「後は、どういうセッティングをしてゆくと良いのかとか、・・・」
$ホンダ歩行アシスト105.jpg
「一気に商品化には行かないとは思いますが、ただ非常に役にたつのではないかという自信はもてました」

#106、名古屋で開催された福祉のイベント
$ホンダ歩行アシスト106.jpg


#107、その会場で、歩行アシストを体験する子供の姿が・・・
$ホンダ歩行アシスト107.jpg


#108、伊藤さん:「(足が)上がっていますね!」
$ホンダ歩行アシスト108.jpg


#109、体験した子供さんは歩きやすかったとのこと
$ホンダ歩行アシスト109.jpg

「技術は、人に奉仕するためのもの」

#110、伊藤さんの挑戦は続きます・・・
$ホンダ歩行アシスト110.jpg


#111、※本画像で、ガイヤの夜明け前半「歩行アシスト編」はENDです
$ホンダ歩行アシスト111.jpg


#112、千葉県・袖ヶ浦市(本画像から、後半「人工関節になります」)
$ホンダ歩行アシスト112.jpg


#113、(人工関節の項)この街にある「照寿し」
$ホンダ歩行アシスト113.jpg


#114、(人工関節の項)地元でも評判の寿司屋です
$ホンダ歩行アシスト114.JPG


#115、(人工関節の項)
$ホンダ歩行アシスト115.JPG


#116、(人工関節の項)洗いものをしているのは店主の母親
$ホンダ歩行アシスト116 A.JPG

#117、※これ以降、音声ファイル04(エンディング)を再生しながら画像を見てくださいm(__)m
$ホンダ歩行アシスト117.JPG


##音声ファイル(4)(エンディング)0分37秒・・・画像は、#118~#125に対応

#118、エンディング・江口洋介:
「自動車メーカーが培った、モーターやロボットの技術。→
$ホンダ歩行アシスト118.jpg

#119、
→船のスクリューを作る際の磨きの技術。→
$ホンダ歩行アシスト119.jpg

#120、
→物創りで、積み重ねて来た力が医療の分野で活躍しはじめていました。→
$ホンダ歩行アシスト120.jpg

#121、
→他にも日本には、医療や介護に応用できる物創りの技術がたくさんあるはずです。→
$ホンダ歩行アシスト121.jpg

#122、
→その、二つの違う分野をどう結び付けるか?→
$ホンダ歩行アシスト122.jpg

#123、
→そうした仕組みがあれば、私たちの周りでも、今後さらに、救われる人が出て来るのでは無いでしょうか。」
$ホンダ歩行アシスト123.jpg

#124、
オープニング曲「鼓動」、エンディング曲「夜空の花」
$ホンダ歩行アシスト124.jpg

#125、次回予告
$ホンダ歩行アシスト125.jpg

ブログEND




nice!(26)  コメント(0) 

TV番組再録「ガイヤの夜明け・ホンダ歩行アシストの開発」(その2) [TV番組]

TV番組・・ガイヤの夜明け、2016年7月26日放送分(自分の力で歩きたい・・・歩行アシスト開発編)
(前回「その1」からの続きです)

以下、音声ファイルを再生しながら、静止画を順次見て行けば、紙芝居の要領で、番組内容が理解出来ると思います。

##音声ファイル(2)・・・5分32秒


#046、埼玉県和光市にある本田技術研究所
$ホンダ歩行アシスト046.jpg

#047、歩行アシストの開発部署
$ホンダ歩行アシスト047.jpg

#048、伊藤さんは、6年前にこの部署に配属されました。
$ホンダ歩行アシスト048.jpg

#049、伊藤さんは、以前は、ホンダF-1チームのエンジニアでした。
$ホンダ歩行アシスト049.jpg

#050、アエルトン・セナのマシンを手掛けていました。
$ホンダ歩行アシスト050.jpg

#051、カーレースの最高峰F-1
$ホンダ歩行アシスト051.jpg

#052、走行中のデータはリアルタイムで判る
$ホンダ歩行アシスト052.jpg

#053、海外のレースでも、日本にいながら解析出来る
$ホンダ歩行アシスト053.jpg

#054、テレメーター・システム
$ホンダ歩行アシスト054.jpg

#055、30年前に、他者社に先駆けて、このシステムを開発したのが伊藤さんである。
$ホンダ歩行アシスト055.jpg

#056、当時ホンダは圧倒的に強かった
$ホンダ歩行アシスト056.jpg

#057、しかし、ホンダはF-1から撤退した
$ホンダ歩行アシスト057.jpg

#058、(F-1撤退は)非常にさびしさはあった
$ホンダ歩行アシスト058.jpg

#059、F-1で培ったテレメーターの仕組みを歩行アシストにも取り入れていました
$ホンダ歩行アシスト059.jpg

#060、技術者としての誇りを持ち続ける伊藤さん、心に刻む創業者の言葉があります
$ホンダ歩行アシスト060.jpg

#061、本田宗一郎の言葉
$ホンダ歩行アシスト061.jpg

#062、5月中旬、伊藤さん達は、子供用歩行アシストの実用化に向けて歩き出していました
$ホンダ歩行アシスト062.jpg

#063、伊藤さん:「大人は歩けていた人が、足が不自由になっているので・・・・」
$ホンダ歩行アシスト063.jpg

#064、大人用歩行アシストの部品数は1,000以上・・・
$ホンダ歩行アシスト064.jpg

#065、誰もやったことのない、このミッション・・・
$ホンダ歩行アシスト065.jpg

#066、6月下旬
$ホンダ歩行アシスト066.jpg


#067、伊藤さんが、龍之介君の家をたずねました
$ホンダ歩行アシスト067.jpg

#068、継続的に利用した時のデータを取るため・・・
$ホンダ歩行アシスト068.jpg

#069、龍之介君の歩行訓練は、杖を使っている
$ホンダ歩行アシスト069.jpg

#070、壁を使った横歩き(訓練)も行っている
$ホンダ歩行アシスト070.jpg

#071、しかし、左足の筋力が弱く途中でしゃがんでしまいます
$ホンダ歩行アシスト071.jpg

#072、はたして、歩行アシストを使っての訓練でどんな効果が?
$ホンダ歩行アシスト072.jpg

#073、歩行アシストを使った訓練
$ホンダ歩行アシスト073.jpg

#074、2週間後伊藤さんが目にした光景とは?
$ホンダ歩行アシスト074.jpg

#075、CM「この番組は、日本経済新聞社・・・・」
$ホンダ歩行アシスト075.jpg

#076、CM「CANONと・・・・」
$ホンダ歩行アシスト076.jpg

#077、CM「ご覧のスポサーがお贈り致します・・・」
$ホンダ歩行アシスト077.jpg

#078、CM
$ホンダ歩行アシスト078.jpg

#079、CM
$ホンダ歩行アシスト079.jpg

※本シリーズ「その3に続く」
nice!(30)  コメント(0) 

TV番組再録「ガイヤの夜明け・ホンダ歩行アシストの開発」(その1) [TV番組]

TV番組・・ガイヤの夜明け、2016年7月26日放送分(自分の力で歩きたい・・・歩行アシスト開発編)

7月26日(火)、「テレ東のガイヤの夜明け」を、PC作業をしながら「ながら見」をしていました。
 しかし、前半部の「歩行アシストの開発」を見ている内に、開発に関わっている伊藤さんの技術力の高さと、臨床テストで、歩行アシストのテストに協力している少年が熱心に取り組んでいる姿にくぎ付けになりました。
この番組を、見逃した方および、歩行アシストに興味のある方にこのブログをアップしました。

以下、音声ファイルを再生しながら、静止画を順次見て行けば、紙芝居の要領で、番組内容が理解出来ると思います。

※TV画面は、いまだに、ブラウン管TVの為画質は悪いですが了承下さい。

##音声ファイル・・・11分29秒

※頭の部分若干切れています。
#000、番組タイトル画像
$ホンダ歩行アシスト000.jpg
※このタイトル画像はきたろうオリジナルです。

#001、今回、密着取材をした伊藤さん
$ホンダ歩行アシスト001.jpg
病気や、障害で歩行困難になった子供たちに、新たな歩行アシストを作ることが伊藤さんの使命。

#002、技術を極めた人工関節
$ホンダ歩行アシスト002.jpg


#003、しなやかに曲がっていくのは、世界で、このひざ(人工関節)しかない。
$ホンダ歩行アシスト003.jpg


#004、これを可能にしたのは、巨大スクリューを作る、匠の技!
$ホンダ歩行アシスト004.jpg
※番組後半の人工関節がテーマの部分は、本ブログでは、割愛しました。

#005、ホンダの歩行アシストが挑む世界初の試み
$ホンダ歩行アシスト005.jpg


#006、開発を担うのは、元F1を支えたエンジニア
$ホンダ歩行アシスト006.jpg


#007、ひざが痛くて正座が出来ない(-_-;)
$ホンダ歩行アシスト007.jpg
※番組後半の人工関節がテーマの部分は、本ブログでは、割愛しました。

#008、番組タイトル
$ホンダ歩行アシスト008.jpg


#009、南青山ホンダ本社の前
$ホンダ歩行アシスト009.jpg
案内人・・・江口洋介

#010、マクラレン・ホンダのエンジン
$ホンダ歩行アシスト010.jpg


#011、ホンダ歩行アシスト
$ホンダ歩行アシスト012.jpg
本体と外部コントローラー(タブレット)

#12、早速装着して見る
$ホンダ歩行アシスト011.jpg
左:ホンダ技研工業 伊藤寿弘さん、中央:江口洋介

#13、装着は1分弱でできる
$ホンダ歩行アシスト013.jpg



#14、外部コントローラー(タブレット)
$ホンダ歩行アシスト014.jpg


#15、江口「これは楽ですね!!サッサ・サッサ歩けますね(*^_^*)
$ホンダ歩行アシスト015.jpg


#16、2足歩行ロボット「アシモ」
$ホンダ歩行アシスト016.jpg


#17、ロボット技術が、こういうもの(歩行アシスト)に繋がったんですね!!
$ホンダ歩行アシスト017.jpg
ホンダが極めようとしている、歩行アシストの技術、いったいどんな可能性を秘めているのだろうか?

#18、京都市
$ホンダ歩行アシスト018.jpg


#19、京都市内で暮らす、中学1年の衛藤(えとう)龍之介君
$ホンダ歩行アシスト019.jpg


#20、1日2回歩行訓練を行っている
$ホンダ歩行アシスト020.jpg


#21、今は、未だ玄関のちょっとした段差を越えるのも一苦労の状態
$ホンダ歩行アシスト021.jpg


#22、龍之介君は生れてから一度も自分の足だけで歩いたことはありません
$ホンダ歩行アシスト022.jpg


#23、母親の由紀子さん
$ホンダ歩行アシスト023.jpg


#24、龍之介君への手助けは最低限にしている
$ホンダ歩行アシスト024.jpg


#25、取材スタッフ:「一番の夢は何ですか?」
$ホンダ歩行アシスト025.jpg


#26、龍之介君のような、体の不自由な子は全国で9万人いると言われている
$ホンダ歩行アシスト026.jpg


#27、5月京都大学
$ホンダ歩行アシスト027.jpg


#28、伊藤さんと、右・共同開発者の京都大学大学院 大畑光司(こうじ)博士
$ホンダ歩行アシスト028.jpg


#29、やって来たのは龍之介君
$ホンダ歩行アシスト029.jpg


#30、龍之介君は小さい頃から、大畑先生の元でリハビリを続けていました
$ホンダ歩行アシスト030.jpg


#31、子供用歩行アシストの試作品
$ホンダ歩行アシスト031.jpg


#32、歩行アススト無しで5メートルを歩行
$ホンダ歩行アシスト032.jpg
タイムは44秒であった

#33、子供用歩行アシストを装着
$ホンダ歩行アシスト033.jpg


#34、装着して5mを歩行後
$ホンダ歩行アシスト034.jpg
タイムは55秒(むしろ遅くなってしまった)

#35、外部コントローラー(タブレット)で、歩行アシストの設定を変更する
$ホンダ歩行アシスト035.jpg


#36、歩行アシストの補助作用イメージ
$ホンダ歩行アシスト036.jpg


#37、歩行アシストの原動力・・・特殊モーター
$ホンダ歩行アシスト037.jpg


#38、調整は離れたところから行う
$ホンダ歩行アシスト038.jpg


#39、龍之介君の歩き方に合わせ、設定を細かく変える
$ホンダ歩行アシスト039.jpg


#40A、設定変更してもう一度歩いてもらう
$ホンダ歩行アシスト040.jpg


#40B、設定変更後は33秒と22秒も縮んだ
$ホンダ歩行アシスト040B.jpg


#41、歩行アシストを付けて20分程訓練した後、歩行アシストをはずして歩行速度を測ってみます
$ホンダ歩行アシスト041.jpg


#42A、訓練終了後の龍之介君
$ホンダ歩行アシスト042.jpg


#42B、龍之介君のコメント
$ホンダ歩行アシスト042B.jpg


#43、母のコメント
$ホンダ歩行アシスト043.jpg


#44、歩行アシストを継続して使いたいという由紀子さん
$ホンダ歩行アシスト044.jpg


#45、その背景には、ある切実な理由がありました
$ホンダ歩行アシスト045.jpg


※「歩行アシスト開発・・その2へ続く」


nice!(19)  コメント(1) 
共通テーマ:テレビ

中山法華経寺(千葉県市川市)の蓮 2016 [きたろう散歩]

取材日:2016/7/13(水)

中山法華経寺の蓮が見頃と地域新聞に出ていたので行って来ました。
#01、日蓮宗の名刹・中山法華経寺
$01法華経寺160713_115719.jpg
蓮が咲いている池は、本堂左手奥(左のお堂の裏)にあります。
※中山法華経寺は、冬季に行われる、百か日荒行で良く知られています。

#02、龍王池全景
$02法華経寺160713_113525.jpg


#03、
$03法華経寺160713_113909.jpg


#04、
$04法華経寺160713_114327.jpg


#05、
$05法華経寺160713_114408.jpg


#06、
$06法華経寺160713_115025.jpg

シオカラトンボが結構飛んでいました。

#07、
$07法華経寺160713_115406.jpg

龍王池は、寺の裏の、電柱に表記の住所で、公道に面しています。
地域新聞には、大賀蓮(古代ハス)が1株あると出ていましたが、それがどれかは分かりませんでした。

nice!(25)  コメント(4) 

倉冨亮太君(Vn)、山澤慧(けい)君(Vc)、新山茜さん(Pf)、ピアノ三重奏の演奏会(市川市文化会館・ローズルーム) [演奏会]

2年程前に、市川市の木内邸で聴いた、ヴァイオリンの倉冨亮太君が、市川市文化会館(ローズルーム)の演奏会に出演するので、聴きに行きました。

#01、演奏会ちらし
#01MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山PNG.jpg
●演奏会名:「室内楽でモーツァルトそしてチャイコフスキー」(11月3日N響コンサートをさらに楽しく)
●平成28年6月18日(土)、市川市文化会館・ローズルーム
●演奏者
❖ヴァイオリン:倉冨亮太(くらとみりょうた)
❖チェロ:山澤慧(やまざわけい)
❖ピアノ:新山茜(にいやまあかね)

※チラシは、SO-NET画面で見やすい様、レタッチしています。

#02、文化会館入り口(13時30分)
#02MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山160618_133000B.jpg
目的の演奏会の丁度開場時間の入り口の様子。大ホールで、TVアニメ関連イベントがあるとのことで、大勢の若者が並んでいました。

#03、室内楽演奏会場入口
#03MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山160618_133158B.jpg
地下の、ローズルームが会場です。

#04、主催者、前説
#04MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山130316_134200_J.jpg
●画像からの続き・・・市川市文化振興財団の小坂さんから本日の演奏者の紹介がありました。3人とも、市川市新人コンクールで最優秀賞・優秀賞を受賞しています。
(詳細プロフィールは、写真記念撮影の#12~14のところに掲載します。
それから、本日の2曲目に演奏される、『紫陽花に寄せるワルツ(改訂版初演)』の作曲者の對馬時男(つしまときお)君が本日、来場していることも伝えられました。
※小坂さんの画像は、
2009年6月13日(土)撮影http://www.ichigaku.ac.jp/schoolinformation/seminar/misc21/seminar-contents-520/
から転載しました。

#05、『モーツァルト/ピアノ三重奏曲第5番ハ長調 K548』の演奏
#05MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山130316_134200_PNG8完.jpg
土曜の午後の、ゆったりとした時間にぴったりの、端正なモーツァルトの響きが室内に広がりました。

各演奏者の演奏中の画像は、次のサイトから引用しました。
❖倉冨亮太君演奏画像
YOU TUBE より転載
「アヴェ マリア」バイオリン:倉冨亮太氏 ピアノ:山中惇史氏 2013年1月19日大和カルバリーチャペル第三礼拝特別賛美
❖山澤慧君演奏画像
http://kanadea.jp/yk151009/
山澤慧 チェロ・リサイタル The energy of the “CELLO”
2015年8月12日予告記事
❖新山茜さん演奏画像
http://ameblo.jp/thiro4343/entrylist.html
hiro=音楽!ワン子と花❀~ニャーン君のブログ
2015/06/20アップ記事

#06、山澤君・進行&曲の解説
#06MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山130316_134200_PNG.jpg
●山澤君(画像からの続き)
『紫陽花に寄せるワルツ(改訂版)』の曲紹介の後、この曲の作曲家對馬時男君の経歴が披露されました。
『對馬君は、私の友人で、東京藝大にビオラ科に入学し卒業した後、作曲科に改めて入学したという経歴を持っています。』とのことでした。

※山澤君の画像は、本演奏会のちらしより引用

對馬君の画像は次のサイトから転載
http://ameblo.jp/thiro4343/entrylist.html
hiro=音楽!ワン子と花❀~ニャーン君のブログ
2014/07/23アップ記事

#07、紫陽花に寄せるワルツ(改訂版初演)演奏中(對馬時男作曲)
#07MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山130316_134200_PNG8完.jpg
おしゃれで、軽やかな小曲。
聴きやすく、魅力的な作品でした。

#08、山澤君、チャイコフスキー/ピアノ三重奏曲イ短調op.50「偉大な芸術家の思い出に」の解説
#08MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山130316_134200_PNG.jpg
●山澤君(画像からの続き)
この、偉大なピアニストが亡くなり、この曲が作られた。
第一楽章は、「悲しみの小品」と名付けられるように、チェロが悲痛なメロディを奏でます。途中、ちょっと明るくなるところもある。
第二楽章は一つの「テーマ」(ピアノで実際に呈示)が12の変奏曲に展開されます。

#09、チャイコフスキー/ピアノ三重奏曲イ短調op.50「偉大な芸術家の思い出に」演奏
#09MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山130316_134200_PNG8完.jpg
とにかく、壮大・重厚な曲でした。曲の終盤、ヴァイオリンとチェロはチャイコフスキーのおもいを絞り出すような、極限まで楽器を響かせるような演奏でした。
ピアノは、それに呼応して、軽やかに、歯切れよく美しい音を響かせていました。
お三方、大変な熱演で、皆さんのパッション、伝わりましたよ!
心の中で、ブラボー!!

#10、新山茜さん、アンコール曲の紹介&本日の御礼
#10MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山130316_134200_PNG.jpg
アントン・ルビンステイン作の「メロディ」は、穏やかな、心鎮まるような小品でした。

#11、倉冨君、もう1曲のアンコール曲の紹介&御礼
#11MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山130316_134200_PNG.jpg
●倉冨君、画像から続く
シチュドリンの「ユモレスク」は、笑い声のような部分及び演奏と同時に歌声が入ったりという曲です。

●きたろう注
このような曲のジャンルはよくわかりませんが、人の心をくすぐるような曲で、実際客席からも笑いが漏れていました。

以上で本日の公演は全て終了しました。
盛大な拍手の中、演奏会は幕を閉じました。
終演時刻:15時47分

#12、記念撮影 Ⅰ& 写真右側・倉冨君のPROFILE
#12MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山160618_155706D・PNG.jpg
❖ヴァイオリン/倉冨亮太(くらとみりょうた)
第25回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール弦楽器部門最優秀賞
東京都町田市出身。
東京藝術大学弦楽科を首席で卒業。
在学中に福島賞、安宅賞、アカンサス音楽賞、三菱地所賞受賞。
現在、同大学修士課程在学中。
全日本学生音楽コンクール東京大会第1位、全国大会第3位。
大阪国際音楽コンクール大学生の部第1位、併せて文部科学大臣賞、ストリング賞受賞。
シゲティ国際コンクール入賞。
リピッツァー国際コンクール第2位(最高位)、特別賞受賞。
紀尾井シンフオニエッタシーズンメンバー(2014-2015)

#13、記念撮影 Ⅱ & 写真左側・山澤君のプロフィール
#13MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山160618_155717C・PNG.jpg
❖チェロ/山澤慧(やまざわけい)
第21回市川市文化振興財団新人演奏家コンクール弦楽器部門優秀賞
東京都町田市出身。
東京藝術大学附属高校、同大学を経て、同大学院を修了。
大学卒業時に同声会賞受賞、大学院修了時に大学院アカンサス賞受賞。
第10回ビバホールチェロコンクール第3位。
第17回コンセールマロニエ21弦楽器部門第2位。
第2回秋吉台音楽コンクールチェロ部門第1位。
第11回現代音楽演奏コンクール¨競楽XI第1位、第24回朝日現代音楽賞受賞。
音川健二、藤沢俊樹、河野文昭、西谷牧人、鈴木秀美、山崎伸子の各氏に師事。
チェロアンサンブルXTC、アンサンブル室町、Tokyo Ensemnable
Factory、音楽集団″渦々″メンバー。
藝大フィルハーモニア首席チェロ奏者、
2016年4月よリニューフィルハーモ二ーオーケストラ千葉契約首席奏者。
※小坂さんの演奏者紹介の時、ニューフィルハーモ二ーオーケストラ千葉契約首席奏者に就任したことについて触れられていました。

#14、記念撮影 Ⅲ & 写真中央・新山さんのプロフィール
#14MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山160618_155727D・PNG.jpg
❖ピアノ/新山茜(にいやまあかね)
第24回市川市文化振興財団新人演奏家コンクールピアノ部門最優秀賞
上野学園大学音楽学部音楽学科演奏家コースを経て、同音楽専攻科卒業。
第4回フレッシュ横浜音楽コンクール銅賞。
第10回東京音楽コンクールピアノ部門入選。
第15回日本ピアノ調律師協会新人演奏会、第84回読売新人演奏会に出演。
東京フィルハーモニー交響楽団(円光寺雅彦指揮)と共演。
V.コロボフ、F.セルメット、」=F.エッセール、J=J,バレーの各氏のマスタークラスを受講。
横山幸雄、田部京子、川田健太郎の各氏に師事。
現在、上野学園大学伴奏要員、オーケストラ授業のピアノ要員、
指揮科授業のピアノ要員を務める。

#15、会場を後に
#15MOZチャイコフスキー倉冨山澤新山160618_160652B.jpg
モーツァルト、チャイコフスキーの本格古典、それから、對馬君作曲の素敵な曲とたっぷり聴かせて頂き、大満足で会場を後にしました。
※TVアニメ関連イベントは夜公演もあり、新たな行列が出来ていました。
END




nice!(25)  コメント(2) 

クラリネットの山内利紗さん、中落合のパン屋さんで演奏 [演奏会]

取材日2016/6/11(土)(前ブログと同一日の午後)

クラリネット奏者の山内利紗さんから新宿区中落合のスワンベーカリーで演奏するというご案内を頂いたので、聴きに行きました。
(昨年のクリスマス・コンサートに引き続き、この会場は2回目です)

#01、スワンベーカリー落合店
#01スワンベーカリー山内利紗160611_134324.jpg
オーブン・フレシュ・ベーカリーで焼きたてのパンを提供しています。
◆スワンベーカリー落合店◆
東京都新宿区中落合1-6-21
スワンベーカリーの詳細についてはホーム・ページをご覧ください。
http://www.swanbakery.co.jp/swan/index.html

#02、スワンベーカリー南側面
#02スワンベーカリー山内利紗160611_134404.jpg
ベーカリーの前(撮影者の後ろ)は、妙楽寺川で緑も多く、(新宿区内とは思えない)環境良好な所です。
採光を重視した構造で、イート・インのスペースも広く、パンを食しながら、演奏を聞くことが出来ます。

#03、山内さんは、16周年記念のイベントとして出演するらしい。
#03スワンベーカリー山内利紗160611_134436.jpg


#04、特設ステージ
#04スワンベーカリー山内利紗160611_140029.jpg
イートインの一角にステージのスペースを作った模様
お客様は、家族連れも多く、アット・ホームな雰囲気でした。

演奏曲は、次の通りでした。
❖サウンド・オブ・ミュージックより「私のお気に入り」
❖モーツァルト クラリネット協奏曲1楽章
❖トロイメライ(ピアノ演奏)
❖浜辺の歌
❖ミヨー(仏)、「スカラムーシュ・2曲目(モデレ)」
❖葉加瀬太郎・情熱大陸
❖ルパン三世のテーマ'78(作・大野雄二)
❖アルベニスのタンゴ
❖ノルベルト・ブルグミュラー:デュオ
❖アンコール曲・・・聖者の行進

#05、モーツァルト演奏中
#05モーツァルト演奏中山内利紗_140950B.jpg
クラリネット・・・山内利紗さん、ピアノ・・・山内すみえさん

『聴きやすい曲ですし、個人的に大好きな曲でもありますが、演奏するとなると、おそらくクラリネットの曲の中で一番難しいのではないかと思います。』・・・山内さん談

#06、「スカルムーシュ」の解説・・・山内さん
#06スカルムーシュ解説中_142800.jpg
『この曲は、3つの、小曲から一つになっています。今日は、2番目の賑やかな曲を演奏します。ピアノとクラリネットが対話するように聞こえると思いますのでお聴きください。』

#07、「デユオ」演奏中
#07デユオ演奏中_144834.jpg
午後のゆったりした時間に、パン屋さんの室内に山内さんのクラリネットのマイルドな響きとピアノの響きが満ちました。(本格的な近現代の曲でした)

#08、「聖者の行進」演奏中
#08聖者の行進演奏中_145924PNG.jpg
客席から、自然に手拍子も発生、

#09、演奏終了!
#09聖者の行進終了_145926PNG.jpg


#10、お聴きくださりありがとうございました。
#10演奏おわり_145928PNG.jpg


#11、記念撮影
#11スワンベーカリー山内すみえ・利紗160611_150449.jpg
左・・・山内すみえさん、右・・・山内利紗さん

#12、
#12スワンベーカリー山内すみえ・利紗160611_150501.jpg
やわらかい日差しの午後のひととき、たっぷりと山内デユオの演奏を聞くことが出来ました。
素敵な演奏ありがとうございました(●^o^●)

開演・・・2時
終演・・・2時50分頃

#13、おまけ
#13スワンベーカリー山内利紗160611_151812.jpg

パン屋さんのすぐ隣の建物の玄関先にあった彫像。
一般の住宅にあるのは、珍しいので撮影しました。
END
nice!(27)  コメント(1) 

昭和学院キャンパスコンサート Piano & Viorin(市川市) [演奏会]

取材日:2016/6/11(土)

地元の昭和学院短期大学でキャンパスコンサートがあるのをちらしで知り、行ってきました。

#01、キャンパスコンサートのちらし
#01昭和学院キャンパスコンサート160612_171030_1.jpg
●コンサート名:キャンパスコンサート Piano & Viorin
●会場:昭和学院 伊藤記念ホール(市川市東菅野2-17-1)
●日時:2016年6月11日(土)10時会場・10時30分開演
●演奏者:ピアノ:三木蓉子さん、ヴァイオリン:常光今日子さん
●主催:昭和学院短期大学 同窓会

(ちらしは市川市文化会館で入手)

#02、会場・・・昭和学院 伊藤記念ホール
#02昭和学院伊藤記念ホール160611_102015B.jpg

●落成年・・・平成21年

●収容人員・・・560名

#03、伊藤記念ホール入口
#03伊藤記念ホール入口160611_101932C.jpg
当日は、聴きに行きたいコンサート3つ重なりましたが、たまたま、開催時刻が、午前、午後、夕方と別れていて、全部聴きに行けました(●^o^●)

#04、ホール
#04昭和学院キャンパスコンサート160611_111537.jpg
椅子と椅子の間はゆったりしていて、座り易かったです。

#05、山本理事長挨拶
#05昭和学院キャンパスコンサート160611_103707F.jpg
山本理事長から、「本日のコンサートの開催趣旨、演奏者の紹介、ちょっぴり学院の宣伝」のお話がありました。

(昭和学院でのコンサートと言うのは、聴いたことが無かったが、理事長のお話で、第1回目であることがわかった。本日の演奏者、三木蓉子さん、常光今日子さんは、市川市文化振興財団に問い合わせ、推薦されたとのことでした。)

※円内は、司会の方(主催者)

#06、演奏者プロフィール(抜粋)三木蓉子さん(ピアノ)
#06三木蓉子プロフィール抜粋160612_171030_1A5.jpg


#07、同上、常光今日子さん(ヴァイオリン)
#07昭和学院キャンパスコンサート160612_171030_1B4.jpg


#08、プログラム
#08昭和学院キャンパスコンサート160612_170024.jpg
前半は、クラシック、後半は、映画音楽や現代の曲。
いずれも、だれにも耳馴染みのあるポプラーな曲が演奏されました。

#09、アンコール曲(リベル・タンゴ)の演奏
#09昭和学院キャンパスコンサート160611_103710PNG7.jpg
ピアノ:三木蓉子さん、ヴァイオリン:常光今日子さん

#10、同上
#10昭和学院キャンパスコンサート160611_103710PNG8.jpg


#11、同上
#11昭和学院キャンパスコンサート160611_103710PNG9.jpg
軽快な、タンゴの演奏で、気分はスカッとしました。

#12、エンディング
#12昭和学院キャンパスコンサート160611_103714PNG0158C.jpg

聴衆からの盛大な拍手で、演奏会は終了しました。


#13、主催者からの花束贈呈
#13昭和学院キャンパスコンサート160611_103714PNG0214.jpg


#14、
#14昭和学院キャンパスコンサート160611_103714PNG0330.jpg

三木さん、常光さん、素敵な演奏ありがとうございました(^O^)/

#15、昭和学院キャンパス
#15昭和学院キャンパスコンサート160611_102037B.jpg
主催者の方に、本コンサートの今後の予定を伺った所、「未定」とのことでした。
第2回目も開催されると良いですね!

#16、三木蓉子さんプロフィール(全文)
#16三木蓉子プロフル昭和学院キャンパスコンサート160612_165810C.jpg


#17、常光今日子さんプロフィール(全文)
#17常光今日子プロフィール和学院キャンパスコンサート160612_165810C.jpg


END

nice!(18)  コメント(1) 

我が街のトップアーティスト荒絵理子さんがアトリウムコンサートに出演!! [演奏会]

2016/06/06(月)取材
演奏会場・・・日本橋三井タワーアトリウム(ロビー)

日本橋三井タワーのアトリウムコンサートに、オーボエの荒絵理子さん(東京交響楽団オーボエ主席奏者)出演するのを、荒さん自身のブログで知り、行って来ました。

 今回のコンサートは、ちらしの案内に「日本を代表するヴァイオリニスト漆原啓子を中心とした、主要オーケストラ主席メンバーによる「四重奏」の名曲を存分にお楽しみ下さい」とのことでした。

#01、アトリウムコンサートのちらし(演奏曲)
#01三井タワーコンサートちらし1漆原啓子・直江智沙子・大島亮・荒絵理子B.png
演奏曲は、ちらしのとおりです。
 まず、ボロディンの弦楽四重奏曲ですが、ボロディンが、かつて、恋人時代に、今の妻に愛の告白をしてから20周年の記念として、贈ったという素敵な曲だそうです。こんな意義深い曲なのに、曲にタイトル的なものがつけられていないことに、解説兼演奏(チェロ)の金木博幸さんは残念がっていました。
 シューベルトとドヴォルザークの弦楽四重奏曲は、アンケートなどで、弦楽四重奏曲の人気ナンバー1・2の曲でなので、取り上げたとのことです。
それと、モーツァルトのオーボエ四重奏曲を採りあげ、荒絵理子さんをこの曲の演奏のために来て頂いたということでした。
(以上、司会兼解説者兼演奏者(チェロ)の金木博幸氏談)

#02、演奏者
#02三井タワー漆原啓子・直江智沙子・大島亮・荒絵理子C.png
オリジナルのちらしに写真は載っていません。きたろうがネットから転載したものです(荒さん以外)。
各演奏者のプロフィールは(割愛しますが)、写真の引用元に記載してありますのでそちらを参照して下さい。

●写真の引用元URL
漆原啓子さん
https://www.japanarts.co.jp/artist/KeikoURUSHIHARA

直江智沙子さん
http://www.date2.jp/event/19417/14

大島亮さん
http://www.t-bunka.jp/onkon/07nyushousha/07_04.html

荒絵理子さん(この写真はきたろうのオリジナル写真です)
http://hiroshige-kitarou.blog.so-net.ne.jp/2012-07-10

#03、演奏会場・・・日本橋三井タワー
#03三井タワービル外観18時06分B.jpg


#04、本ビルのこの入口から入ると、三井記念美術館の手前がアトリウムになっています。
#04三井記念美術館18時09分B.jpg


#05、アトリウムコンサート会場(1)
ステージの背面は、半透明のパネルが貼ってあり、丁度良い反響板になっていました。
#05三井タワーアトリウム17時46分B.jpg


#06、アトリウムコンサート会場(2)
会場は、壮大な吹き抜け空間になっています。ビル正面側は、全面ガラスです。
用意されている椅子は、80~90席で、先着順整列待機後入場、開演約1時間前に入場着席という方式です。(所定席数は開演約1時間30分前で埋まりました。但し、フリースペースなので、立ち見はOKです。
#06三井タワーアトリウム17時44分B.jpg
さて、いよいよ演奏が始まりました。金木さんは、吹き抜け空間で音の拡散が良すぎて、演奏に悪い影響があるのを懸念していましたが、演奏が始まったら、音の抜け(拡散)より、残響が強いくらいで、ちゃんとしたホールではないのに、大変良い響きでした。
 特に3曲目のモーツァルトのオーボエ四重奏曲で、荒さんが演奏を開始した瞬間、なんとも言えぬやわらかで上品な響きの音に魅了されました。現代の最先端のアトリウムが、モーツァルト時代の宮殿の中で演奏しているのでは、ないかと聴き違うほど、オーボエとこのアトリウムの相性は良かったです。

弦楽四重奏の形は、弦楽器を演奏する者にとって最終的にもっともやりたいと思う形だそうで、確かに、ソロ的要素、アンサンブルの要素、しかも自分の力量がもろに演奏に反映されるという形と思われました。

腕利きの、演奏者各人が、短い時間ではありましたが、集中的にこころのこもった演奏で、心満たされました。
 漆原啓子さん、直江智沙子さん、大島亮さん、金木博幸さん、荒絵理子さん素晴らしい演奏ありがとうございました。

#07、記念撮影
#07荒絵理子さん直江智沙子さん19時35分.jpg
左・・・オーボエ・荒絵理子さん、右・・・ヴァイオリン・直江智沙子さん

#08、荒絵理子さんのサインをゲット
#08荒さんのサインをゲットB.jpg
※ベースの写真は、昨年12月の市川公演時のもの
END



nice!(42)  コメント(3) 
前の10件 | -